『プジョー308』もi-Cockpitをフルデジタル化。特別仕様車の“ロードトリップ”も設定

 2015年10月の日本デビュー以来、ドイツのフォルクスワーゲン・ゴルフなどに対抗するCセグメント・ハッチバックの本流として高い評価を得てきた『プジョー308』が一部改良を受け、革新のi-Cockpitをさらにアップデートさせた最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネルを装備。グレード体系の見直しと同時にガソリン直噴ターボの燃費向上を実現したほか、充実装備の特別仕様車“ROADTRIP(ロードトリップ)”を設定し、10月14日より発売開始となっている。

 新世代プジョーのラインアップで、独創的なi-Cockpitをいち早く採用したプジョー308がさらなる進化を遂げ、直近でモデルチェンジを実施した弟分の『208』や『2008』、そして旗艦『508』などと並んで、これまで指針式だったヘッドアップディスプレイのメーター表示をデジタル表示方式へと変更した。

 これにより従来以上にさまざまな情報を整理し表示することが可能となったうえ、通常のメーター表示に加え、アクティブクルーズコントロール作動時により便利なドライブモードやドライバーの好みに応じた情報の優先順位が付けられるパーソナルモードなど、最新の機能が備えられた。

 美しい書体や意匠と相まって、視認性の向上と新たなドライビング体験をもたらすデジタルヘッドアップインストルメントパネルに加え、インテリアは全モデルでテップレザー&ファブリックシートとし、クリーンディーゼルを搭載するGT BlueHDiのステアリング、インテリア、シートにはスポーティーなレッドステッチも施された。

 そして全体的なグレード体系も見直され、定評の1.5Lクリーンディーゼルターボ(DV5エンジン)のGT BlueHDiに、おなじく1.5Lクリーンディーゼルと1.2L直噴ガソリンターボの(EB6エンジン)のAllure(アリュール)という2グレードに集約。

『プジョー308』などから採用が始まった革新的インターフェース“i-Cockpit”をさらにアップデート
『プジョー308』などから採用が始まった革新的インターフェース“i-Cockpit”をさらにアップデート
アクティブクルーズコントロール作動時により便利なドライブモードやドライバーの好みに応じた情報の優先順位が付けられるパーソナルモードなど、最新の機能が備えられた
アクティブクルーズコントロール作動時により便利なドライブモードやドライバーの好みに応じた情報の優先順位が付けられるパーソナルモードなど、最新の機能が備えられた

■ロードトリップでは専用アルカンタラ&TEPレザーシート、オリジナルエンブレムを採用

 その1.2L直噴ガソリンターボは欧州排ガス規制EURO6.3に対応した新バージョンとなり、燃費もJC08モードで17.0km/Lから18.8km/L、WLTCモードで15.6km/Lから15.9km/Lへと、その性能が大きく改善されている。

 一方、ラインアップ全体で進捗著しい先進運転支援機能(ADAS)と安全性に関しても、基本機能は全グレードに標準搭載されており、アクティブセーフティブレーキやアクティブクルーズコントロール、レーンキープやディスタンスアラートなどの各種機能を網羅。

 より精悍でシャープな印象の新デザインアロイホイールを装備し、ボディカラーには新型208や、2008でも好評を博している新色のヴァーティゴ・ブルーを追加設定している。

 また、従来までのモデルで人気を博した“TECH PACK EDITION(テックパックエディション)”や“CROSSCITY(クロスシティ)”に替わる新しい特別仕様車“ロードトリップ”では、アリュールをベースにアクティブブラインドスポットモニターやパークアシスト、サンセットオレンジのカラーステッチが鮮やかなハイクオリティかつユニークなデザインの専用アルカンタラ&TEPレザーシート、オリジナルエンブレムなどを採用した。

 5ドアハッチバックに加え、ステーションワゴンの『308SW』ともに全車8速オートマチックのEAT8を搭載し、価格は296万7000〜354万8000円(税込)に。308SWにのみオプション設定されるパノラミックガラスルーフは11万2000円高となっている。

特別仕様車“ロードトリップ”では、サンセットオレンジのカラーステッチが鮮やかなハイクオリティかつユニークなデザインの専用アルカンタラ&TEPレザーシートを装備
特別仕様車“ロードトリップ”では、サンセットオレンジのカラーステッチが鮮やかなハイクオリティかつユニークなデザインの専用アルカンタラ&TEPレザーシートを装備
アロイペダル&フロントステップガードや、オリジナルエンブレムなども採用する
アロイペダル&フロントステップガードや、オリジナルエンブレムなども採用する