2021年にルノーF1加入のアロンソ、すでにシミュレーター作業でチームに貢献

 2021年にダニエル・リカルドはマクラーレンへと移籍し、その後任としてフェルナンド・アロンソがルノーF1チームに加入する。リカルドとルノーF1チームがこれまで行ってきた懸命な取り組みが実を結びつつあり、アロンソはその恩恵を受けることになりそうだ。

 そのことを不満に思うかと聞かれたリカルドは「そんなことはまったくない」と答えた。
「僕はこのプロジェクトを進めていきたいと強く思っている。これからも全力を尽くしていくつもりだ。来年のことはまた別の話だよ」

 ルノーはリカルドを2020年型マシンの開発作業からも、来季に向けた開発作業からも外してはいない。一方で、アロンソはすでにルノーとの作業を開始している。アロンソは定期的にチームと連絡を取っており、ファクトリーを訪れ、シミュレーターにも乗っているという。10月13日にはスペイン・バルセロナでフィルミングデーとして、ルノーの2020年型マシンR.S.20でのテストを行った。

フェルナンド・アロンソがルノーR.S.20で初走行
フェルナンド・アロンソがルノーR.S.20で初走行

「彼がどれだけ熱心であるかが見て取れる」と来季アロンソのチームメイトになるエステバン・オコンは語った。

「彼は僕に『必要があれば行く。問題はないよ』というメッセージを送ってくれた。彼がシミュレーター作業をしてくれるのは助かる。レースに行く前に、僕とダニエルと彼がシミュレーターに乗ると、3人分の意見が出る。3人で確認する方がふたりでするよりもいいんだ。彼(アロンソ)が最近、シミュレーターチームと緊密に仕事をしているのは良いことだよ。近々レースにも来ると思う」

 ルノーは8月初旬に開催されたイギリスでの2戦で、マシンを大きく改善させた。

「マシンのリヤに大きなダウンフォースが生まれるようになった」とリカルドは言う。

「そのため僕らドライバーはコーナー出口で自信を持ってスロットルを開けることができる。運任せのセットアップ作業をしないで済んだ。去年の僕らは、すごく速いか、トップ10にまるで届かないか、極端だった気がする」

「でも今は、マシンをスイートスポットに入れられるようになった。パフォーマンスがあるのは明らかだ。低ダウンフォースと高ダウンフォースの両方のサーキットでパフォーマンスを発揮できることを証明した。優れたパッケージだ。今後のレースについても自信を持つべきだよ」

 だが、ルノーはさらにマシンを改善していく必要がある。まだ優勝できるマシンではなく、表彰台獲得でさえも少々の幸運が必要だからだ。