野左根航汰「やっとしっかりと中須賀選手に勝てた」/全日本ロード第4戦もてぎ JSB1000レース2

 10月17日に栃木県のツインリンクもてぎで行われた2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦スーパーバイクレース in もてぎのJSB1000決勝レース1を終え、表彰台に登った野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、清成龍一(Keihin Honda Dream SI Racing)が戦いを振り返った。

 レース後、暫定結果が出された後に、ゼッケン75(前田恵助・YAMALUBE RACING TEAM)からゼッケン17(清成龍一・Keihin Honda Dream SI Racing)に対して抗議が提出された。その結果、車両違反(ブレーキ)が確認され、清成は失格となっている。

2020年全日本ロード第4戦もてぎ JSB1000 レース2:野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ JSB1000 レース2:野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

■野左根航汰/YAMAHA FACTORY RACING TEAM(レース2:優勝)
「やっとしっかりと中須賀選手に勝てたなっていう思いが強いです。今日、こういう形でこういうゴールできて本当にうれしいです。中須賀選手はついてくるだろうと思っていたから、ペースを落とさないように考えて走りました」

「自分はここまでこういうレースができるとは思っていませんでした。もてぎは一番走り込んでるサーキットで、走行機会も多いので好きなコースのひとつです。昨日のウエットレースは逃げ切れるかと思っていたら、中須賀選手が予選よりも速いタイムでついてきて、焦りがありました。でも赤旗で終了したので、今日はしっかりと走ることができて、チェッカーを受けられたからよかったです」

「最終戦の鈴鹿は、今までしっかりとした優勝はしたことがありません。中須賀選手も清成選手も鈴鹿はとても速いことは知っているし、簡単には逃がしてくれないだろうなと思っています」

2020年全日本ロード第4戦もてぎ JSB1000 レース2:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ JSB1000 レース2:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

■中須賀克行/YAMAHA FACTORY RACING TEAM(レース2:2位)
「やっとチェッカーが見られてうれしいです。(野左根)航汰が自分を目標にしてくれて、目標を達成したと喜んでくれていることがうれしいです。航汰が成長している以上、自分も負けられません。自分もまだ成長できると思っているし、あと2レースしか残っていないけど、楽に優勝させないようにしたいです」

「航汰は来季のSBKが決まっていてモチベーションも高いけれど、自分は今年1勝もしていません。鈴鹿ではしっかりと勝てるように準備したいです」

「航汰がいいアベレージで走っていたから、コンディションとしては悪くなかったんだと思います。自分に足りない部分があったんだと思う。清成選手が背後に来ていて、自分はアベレージタイムを持っていなかったから心理的につらいレースでした。そのなかでペースを落とさず、出せるものは出し切ったと思います」

「ヤマハのワン・ツーを決められてよかったです。鈴鹿は得意なので、最後はしっかりいい勝負できるように頑張りたいです」

2020年全日本ロード第4戦もてぎ JSB1000 レース2:清成龍一(Keihin Honda Dream SI Racing)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ JSB1000 レース2:清成龍一(Keihin Honda Dream SI Racing)

■清成龍一/Keihin Honda Dream SI Racing(レース2:暫定3位、後に失格)
「僕もギリギリでした。目標タイムで走れていないし、ついて行くのが精いっぱいでした。中須賀選手とは速いところと遅いところの違いがありましたが、僕が最後に小さいミスして仕掛けきれませんでした」

「仕掛ける方にもチャレンジするプレッシャーがあります。僕の方がマシンは走っていたからアドバンテージはあったのに、それを活かし切れていなかったです。昨日もトップから離され、今日も何もできないで終わったから悔しいです。ストレートは速いので、バイクに頼って鈴鹿では直線だけでも抜きたいな(笑)」

「ともかくヤマハのバイクについていけるし、すごくいい車体です。優勝したり、抜くというにはまだ煮詰まっていないけど、テストもないなかで仕上がってきています」