トップ3バトルを制したキャシディが今季初優勝。セッテ・カマラはクラッシュで苦いデビューレースに【SF第3戦決勝】

 2020年の全日本スーパーフォー ミュラ選手権第3戦決勝レース(53周)が行われ、予選4番手からスタートしたニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が逆転勝利を飾った。2位は平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、3位には山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が入った。デビューレースでポールポジションを獲得し期待を集めたセルジオ・セッテ・カマラ(Buzz Racing with B-Max)はタイヤ交換後のアウトラップでクラッシュ、リタイヤで戦列を離れることになった。

 スタート進行前のウォームアップ走行で関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がコースオフし赤旗中断。関口のマシンに大きなダメージはなく、スターティンググリッドには問題なく着いたが、その後のスタート進行は11分遅れで進み、午後2時51分にフォーメーションラップが開始した。

 迎えたスタートは、フロントロースタートの平川が抜群のスタートを切ってセッテ・カマラをパス。その後方では加速の鈍ったサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)を山本、野尻智紀(TEAM MUGEN)がかわしていく。

その直後、6番手スタートの中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)が1コーナーのブレーキングでタイヤスモークを上げて止まりきれずにフェネストラズに接触。フェネストラズは押し出される形でマシンにダメージを受けながら、なんとかオープニングラップは回ったもののそのままピットへと戻り、ここでレースを終えることになってしまった。中嶋もフロントウイングにダメージを受け、ピットイン。さらに中嶋はフェネストラズとの接触でドライビングスルーペナルティを受けることになった。

 オープニングラップは平川、セッテ・カマラ、キャシディ、山本の順で通過。山本はこのオープニングラップで7つと大きく順位を上げた。さらに山本は3周目の1コーナーでインからキャシディをかわし3番手に浮上し、セッテ・カマラにも迫っていく。ただ接近はできてもとらえるまでに至らず、上位陣はしばらく膠着状態が続いた。

 その間、コース上で豪快なオーバーテイクを見せポジションを上げていったのは小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)。18番手スタートながらオープニングラップではなんと11番手まで上がり、さらにオーバーテイクシステムも使ってチームメイトの国本雄資(carrozzeria Team KCMG)、石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)、山下健太(KONDO RACING)らをかわして7番手まで上がっていく。大幅ポジションアップに成功した小林は10周目といち早くタイヤ交換を行い、後半スティントに入った。

 上位陣に動きが見えたのは17周目。セッテ・カマラに迫っていた山本が1コーナーで今度はアウトから豪快なオーバーテイクを見せた。これで3番手に下がったセッテ・カマラは、その後方にいた野尻にも詰め寄られてしまう。ペースも下がってきたか、そのままピットロードへと舵を切りタイヤ交換に向かった。

 右リヤタイヤの交換に手間取ってしまったセッテ・カマラは、さらにコース復帰後の4コーナーで大きなスモークを上げてコースアウト。曲がり切れずに一直線にタイヤバリアにヒットしてしまった。予選では衝撃的な速さを見せたセッテ・カマラだったが、決勝レースでのアウトラップのコールドタイヤには国内トップフォーミュラの難しさを痛感する結果となった。

 セッテ・カマラのクラッシュにより、レースは20周目にセーフティカー(SC)が導入される。このタイミングで上位陣は全車がピット作業へとなだれ込み、平川、山本、キャシディ、野尻、国本、山下の上位6台は順位キープに成功。

 また、12番グリッドからスタートしていた牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)は中団のマシンが先にタイヤ交換に入った関係で順位を上げつつ、SC導入に合わせてのピットインで7番手まで上がっている。

 逆に、このSCが不利に働いたのが小林。いち早いタイヤ交換でクリーンスペースを得て、単独走行でプッシュする作戦が裏目に出てしまい、14番手まで下がることになってしまった。

 レース再開は28周目。キャシディはうまくリスタートを決めて山本に迫ると、最終コーナーで並びかけ2位に浮上した。さらに1分6秒台の速いタイムを並べて平川にも迫り、31周目についにトップに立った。

 オーバーテイクを許してしまった平川は、その周は1分8秒台までタイムを落とし一時山本にも詰め寄られたが、数周でペースを戻し、キャシディを追いかけていく。ただキャシディは37周目から3周連続でファステストラップを更新するなど驚異のペースで平川を突き放していった。

 結局、終盤までキャシディのペースは衰えることなく、平川との差を4秒ほどまで広げてトップチェッカー。自身3勝目、今シーズン初優勝を手にした。2位の平川はポイントランキングで2位との差を大きく広げることに。3位の山本は今季初表彰台となった。

2020年スーパーフォーミュラ第3戦SUGO ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)
今季初優勝を果たしたニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)