名越哲平がトップを守り抜き初優勝。高橋裕紀は惜しくも2位/全日本ロード第4戦もてぎ ST1000 決勝

 10月18日に栃木県のツインリンクもてぎで行われた全日本ロードレース第4戦もてぎのST1000クラスは名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)が優勝した。

 曇天の下での14周の決戦は、スタート直後に激しいトップ争いが展開。ホールショットは渥美心(TONE RT SYNCEDGE4413 BMW)、オープニングラップを制したのは名越。渥美はオープニングラップを5番手で終える。

2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:トップを走る名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:トップを走る名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)

 混戦のオープニングラップを終えて名越の背後につけたのはランキングリーダーの高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)。3番手につけたのは作本輝介(Keihin Honda Dream SIR)。この3台でトップ集団が形成される。

 名越がトップ、高橋はぴたりと背後につけたまま周回を重ねる。作本はこの2台から少し離されて単独3番手走行を開始。

2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:作本輝介(Keihin Honda Dream SI Racing)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:作本輝介(Keihin Honda Dream SI Racing)

 レース終盤。高橋がペースを上げて何度も名越のすきを伺うが、前に出ることができない。

 最終ラップ。高橋は名越に遅れることコンマ1秒。必死に逃げる名越。必死に追いかける高橋。90度コーナーでラインを交錯させる2台。

2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000 フィニッシュシーン:名越哲平と高橋裕紀
2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000 フィニッシュシーン:名越哲平と高橋裕紀

 名越はそのまま高橋を抑えてST1000クラス初優勝。高橋はコンマ082秒差で2位。単独走行となった作本が3位表彰台を獲得した。

2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)と高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)と高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ ST1000:名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)