「カローラスポーツ&ツーリングに覚醒の時がきた!」ブリッツ渾身のポン付けターボキットがついにデビュー

純正タービン開発元のIHIとブリッツのコラボモデル!

車検にも対応したお手軽タービンキットが登場

「アグレッシブ&スポーティ」というテーマの元、カローラスポーツ(NRE210H)&カローラツーリング(NRE210W)用のチューニングパーツ開発を続けるブリッツが、ついにターボキットをリリースを発表した。

「ブーストアップ+α」を目標に開発されたこのターボキットは、純正タービンの開発元であるIHIとタッグを組んで作り上げたハイフロータイプだ。純正のエキゾーストハウジングを使用するため、触媒もそのまま装着できるのが大きなポイントとなる。

パワーアップ率もかなりのもので、タービンをチェンジしただけの完全ポン付け状態(純正ECU制御/ブースト1.0キロ)で12.5ps&8.3Nmのエクストラパワーを獲得。出力グラフも実にスムーズな曲線を描き、全域で純正を上回っていることが分かる。

もちろんECUチューンと組み合わせて綿密なブースト制御を行えばさらなるパワーアップを狙えるが、その段階的なステップアップのファーストアプローチもブリッツでは用意している。それが、カプラーオンでブーストアップを実現するパワコンおよびパワコンの進化系にあたるパワスロの導入だ。

これによりブーストは1.2キロまで高まり、純正比でプラス18.9ps&33.5Nmとさらなる出力向上が可能になるのだ。パワー特性は2500rpmから一気にブーストが跳ね上がり、そのまま高トルクを維持したまま6000rpmまで突き抜けていく文字通りの全域型となる。

価格はタービンキットが24万8000円、パワスロが6万円、パワコンが3万8000円。現行カローラスポーツ&ツーリングを真のホットハッチへと覚醒させたいオーナーは、導入を考えてみてはいかがだろうか。

●問い合わせ:ブリッツ TEL:0422-60-2277