中須賀克行「お互いにレベルの高いレースができた」/全日本ロード第4戦もてぎ レース1会見

 10月17日に栃木県のツインリンクもてぎで行われた2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦スーパーバイクレース in もてぎのJSB1000決勝レース1を終え、表彰台に登った野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、加賀山就臣(Team KAGAYAMA)が戦いを振り返った。

2020年全日本ロード第4戦もてぎ:野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ:野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

■野左根航汰/YAMAHA FACTORY RACING TEAM(レース1:優勝)
「中須賀選手が背後につけているのはもちろん分かっていました。自分の背後で視界も悪かっただろうに、離そうとしても離れませんでした。タイヤが減ってスリッピーだったし、コースには大きな水たまりもありました」

「安全マージンを取りたかったけど、中須賀選手が来ていたからそれもできず、ひたすら1分59秒を維持しようとペース下げないように努めました。レース後半にはどんどん雨量が多くなり、中須賀選手のエンジン音も近づいていたから、どこで勝負を仕掛けてくるかを予想して、勝負ポイントを考えていました」

「結局は赤旗で逃げ切れて優勝できましたが、明日のレース2はきちんとチェッカーまで勝負して、きちんと競り勝ちたいです」

2020年全日本ロード第4戦もてぎ:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

■中須賀克行/YAMAHA FACTORY RACING TEAM(レース1:2位)
「自分自身は、予選よりも速いタイムで走っていました。(野左根)航汰に引っ張られる形でしたが、徐々に自分のリズムで走れるようになりました。今回はチェッカーを受けることを目指したのですが、またもチェッカーは見られなかったですね」

「航汰はすごくいい走りをしていて、自分も負けじとプッシュしました。レースは赤旗で終わったけれど、これはこれでひとつのレースです。だれも赤旗を想定してレースはしていないし、お互いにレベルの高いレースができたと思います」

「明日のレース2はドライになるだろうけれど、ドライも少し負けているので、明日のウォームアップ走行の時間も使って整えていきたいです」

2020年全日本ロード第4戦もてぎ:加賀山就臣(Team KAGAYAMA)
2020年全日本ロード第4戦もてぎ:加賀山就臣(Team KAGAYAMA)

■加賀山就臣/Team KAGAYAMA(レース1:3位)
「自分のチームには応援者がすごく多いのですが、ここ数年はいいところを見せられなかったからフラストレーションが溜まっていました。表彰台に上がることができてよかった。まずはチームを支えてくれてる人たちに報告したいです」

「元々、雨は嫌いではないけど、雨だった開幕戦のSUGOでは転倒して鎖骨を折ったりしました。だから今年は雨が好きになれなかったけど、今回のもてぎでセッティングを大きく変えて臨みました。前戦オートポリスでバイクを廃車にしてしまったから、イチから造り直した分、電気系でトラブル出たりもしたけれど、やっと仕上がってきました。ブリヂストンの協力もあり、雨も気持ちよく走れました」

「レース前半の2、3周はトップ2台の熱い走りが見えたけど、それ以降は全然ついて行けませんでした。徐々にペースを上げて、最後は2分0秒台で走れたし、やっぱり雨は嫌いじゃないなって再確認ができました」

「今日の表彰台はラッキーでした。多分、赤旗直前に清成(龍一)が問題を抱えたみたいだったから、清成にトラブルがなければ追いつけたかどうかという感じでした。今日は、野左根、中須賀と一緒に、この場に立てることがうれしいです。俺が認めている清成を抜けたこともうれしいです」