DS4が3年ぶりに復活。クーペスタイルでAクラス追撃へ

■アーキテクチャに「EMP2」採用、PHEVパワートレインも設定

PSAグループの高級車ブランド・DSのコンパクトハッチバック、「DS 4」後継モデルを再びカメラが捉えました。

DS4_004
DS4 新型プロトタイプ

初代DS 4は、2011年にシトロエンから発売。派生SUV「DS 4クロスバック」を投入するなどしましたが、ともに2018年に生産終了となっていました。

南ヨーロッパで捉えたプロトタイプはインジケーターを備え、薄型で角度のあるヘッドライト、垂直のLEDデイタイムランニングライトを装備。

リアエンドでは、アグレッシブなクーペスタイルのルーフラインやLEDが発光するコンパクトなテールライトなどが見てとれます。

DS4_008
DS4 新型プロトタイプ

後継モデルでは、シトロエン「C4」といくつかのコンポーネントを共有する可能性がある反面、PSAグループの「CMP」アーキテクチャではなく、「EMP2」(Efficient Modular Platform 2)を採用。

ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンに加えプラグインハイブリッドパワートレインの搭載を可能にします。

PSAでは、DS 4に最新のドライバーアシスタントシステムを搭載することを予定しており、マークのついた道路での半自動運転を可能にするほか、フルEVの設定も予想されます。

ワールドプレミアは、2021年初頭に期待されています。発売されれば、アウディ「A3」、BMW「1シリーズ」、メルセデス・ベンツ「Aクラス」ら強豪ひしめく欧州Cセグメントハッチバック市場で大バトルが始まります。

(APOLLO)