野左根航汰「雨の準備はしていた。ポールはギリギリとれた」/全日本ロード第4戦もてぎ ポール会見

 10月17日、栃木県のツインリンクもてぎで開催されている2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦スーパーバイクレース in もてぎのJSB1000クラス予選を終え、第1戦SUGO、第3戦オートポリスに続き3戦連続ポールポジションを獲得した野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が予選を振り返った。

■野左根航汰/YAMAHA FACTORY RACING TEAM
「雨のコンディションになりましたが、予想はできたので、雨の準備はしていました。ただ、予報よりも雨量が多く、気温も低かったですね。同じように雨で、優勝したときのSUGOで履いたタイヤを試したのですが、気温が違ったので、元のタイヤに戻して走り込みました」

「序盤は自分のペースがよかったけど、後半はみんなのペースも上がってきて、ポールポジションはギリギリとれました。最初はもてぎのウエットコンディションは久々で不安はあったけど、前に(MotoGP)日本GPに参戦したときも雨の中で調子よく走れていたし、自信はありました」

「レースは接戦になると思いますが、長いレースなので、ペースを落とさず、気持ちも保っていきたいです。自分のペースは悪くないですし、しっかりと走りきって優勝を目指します」