スーパーフォーミュラ・ライツ:雨のSUGOで阪口晴南がダブルポールを獲得

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第3ラウンドは10月17日、宮城県のスポーツランドSUGOで第6戦/第7戦の公式予選が行われ、序盤から積極的にタイムを更新した阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)が第6戦/第7戦ともにポールポジションを獲得した。宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)の開幕からの連続ポールポジション記録は5でストップしている。

 8月のツインリンクもてぎで開幕した2020年の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権はこのSUGO大会が3ラウンド目。このラウンドはALBIREX RACING TEAMが入山翔の1台のエントリーとなり、総エントリー台数は11台。またB-MAX RAXCING TEAMは51号車にフォーミュラ・リージョナルにも参戦している今田信宏、52号車には2019年にも全日本F3に参戦した畑享志がそれぞれマスタークラスに参戦。今回マスタークラスは5台のエントリーとなっている。

 走行は10月15日からスタートしており、初日午前は宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)が、午後は阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)がトップタイムをマーク。2日目は午前、午後とも宮田がトップタイムで、午後は1分11秒665までタイムを縮めている。

 2日間の専有走行はドライコンディションで行われたが、迎えた10月17日のスポーツランドSUGOは朝から雨模様。9時35分からの公式予選は、ウエットで迎えることになった。序盤、宮田が早々に1分30秒台から1分28秒台に上げていくものの、開始から10分近くになると、阪口が1分27秒台にタイムを上げ、開始10分には1分27秒394をマーク。さらに6周目には1分26秒848とタイムを塗り替えていった。

 多くのマシンが一度ピットに戻り、セッション後半に再コースインしていくが、この頃には雨脚が強くなったか、宮田、阪口ともタイムの更新はなく、阪口が第6戦、第7戦ともにポールポジションを獲得した。宮田は第6戦/第7戦ともに2番手となり、開幕からの連続ポールポジション記録はここでストップした。

 3番手以下は第6戦/第7戦とも小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)、名取鉄平(TODA FIGHTEX)、河野駿佑(RS FINE K&N 320)、入山翔(Albirex-RT)と続き、マスタークラスは終了直前まで植田正幸(Rnsports320)がトップにつけていたものの、チェッカー間際にDRAGON(TEAM DRAGON SFL)がタイムを上げ、両戦ともクラスポールポジションを獲得している。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
第6戦スポーツランドSUGO 予選結果

Pos No Cls Driver Car Engine Qualify
1 50 阪口晴南 Buzz Racing with B-MAX スピースA41 1’26.848
2 36 宮田莉朋 カローラ中京 Kuo TOM’S 320 トヨタ-トムスTAZ31 1’28.469
3 37 小高一斗 カローラ中京 Kuo TOM’S 320 トヨタ-トムスTAZ31 1’28.684
4 2 名取鉄平 TODA FIGHTEX 戸田TR-F301 1’28.715
5 35 河野駿佑 RSFINE K&N 320 トヨタ-トムスTAZ31 1’28.987
6 5 入山翔 Albirex-RT 東名TB14F3 2020 1’29.400
7 30 M DRAGON TEAM DRAGON SFL スピースA41 1’31.277
8 10 M 植田正幸 Rnsports320 スピースA41 1’31.294
9 52 M 畑享志 A-NeKT with B-MAX スピースA41 1’32.783
10 13 M 吉田基良 B-MAX ENGINEERING スピースA41 1’35.248
11 51 M 今田信宏 JMS RACING with B-MAX スピースA41 1’36.970

天候:雨 路面:ウエット

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
第7戦スポーツランドSUGO 予選結果

Pos No Cls Driver Car Engine Qualify
1 50 阪口晴南 Buzz Racing with B-MAX スピースA41 1’26.966
2 36 宮田莉朋 カローラ中京 Kuo TOM’S 320 トヨタ-トムスTAZ31 1’28.523
3 37 小高一斗 カローラ中京 Kuo TOM’S 320 トヨタ-トムスTAZ31 1’28.811
4 2 名取鉄平 TODA FIGHTEX 戸田TR-F301 1’28.875
5 35 河野駿佑 RSFINE K&N 320 トヨタ-トムスTAZ31 1’29.203
6 5 入山翔 Albirex-RT 東名TB14F3 2020 1’29.900
7 30 M DRAGON TEAM DRAGON SFL スピースA41 1’31.497
8 10 M 植田正幸 Rnsports320 スピースA41 1’32.351
9 52 M 畑享志 A-NeKT with B-MAX スピースA41 1’33.277
10 13 M 吉田基良 B-MAX ENGINEERING スピースA41 1’36.259
11 51 M 今田信宏 JMS RACING with B-MAX スピースA41 1’37.410

天候:雨 路面:ウエット

阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S 320)
宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)
小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM'S 320)
小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)
名取鉄平(TODA FIGHTEX)
名取鉄平(TODA FIGHTEX)
河野駿佑(RS FINE K&N 320)
河野駿佑(RS FINE K&N 320)
第6戦/第7戦ともにポールポジションを獲得した阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
第6戦/第7戦ともにポールポジションを獲得した阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)