ついに完成形か? ポルシェ タイカン クロスツーリスモ開発車両、ルーフレール装着完了

■「タイカン ターボS」と似たバンパーが露出、ほぼ市販型デザインに

ポルシェ初の量産EVスポーツサルーン「タイカン」に設定される派生EVワゴン、「タイカン クロスツーリスモ」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ_005
ポルシェ タイカン クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ

これまででもっともカモフラージュを削ぎ落としたプロトタイプは、フェイクのLEDデイタイムランニングライトを貼っているものの、「タイカン ターボS」と似たバンパーが露出、ほぼ市販型デザインといっていいようです。

また巨大なブレーキディスクとキャリパーも見てとれます。

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ_009
ポルシェ タイカン クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ

そして、これまで隠されていたDピラーの偽装も落とされ、タイカンとは異なるリアクォーターウィンドウのアウトライン、ボディパネルが確認できるほか、ステッカーが貼られていたテールライトも初めて露出しています。さらにルーフレールを装着し、最終デザインに近いエクステリアとなってきました。

ラインアップには、ベースの後輪駆動モデルからはじまり、「4S」「ターボ」「ターボS」に至るまで、セダンと同じバリエーションが予想されています。

その最高出力は、4Sが571ps、ターボは680ps、ハイエンドのターボSでは761psのオーバーブーストを発生させます。また0-100km/h加速はそれぞれ4.0秒、3.2秒、2.8秒のパフォーマンスなどタイカンと同レベルが期待できるはずです。

充電は、通常のEVの400Vではなく800Vのシステム電圧を備えており、約5分で最大100kmの航続に必要な電力を充電できます。1回の充電での航続は、4Sが最大464km、ターボSが最大412km、ターボが450km(WLTPに準拠)となります。

タイカン クロスツーリスモのワールドプレミアは、コロナウィルスのパンデミックと、タイカン サルーンの人気により遅れており、2020年内から2021年初頭に行われると予想されています。

(APOLLO)