「角田裕毅は本物。今のF2で一番速い」とチーム代表。2021年のF1デビューを確信

 FIA-F2チーム、カーリンのチーム代表、トレバー・カーリンは、ミック・シューマッハーが2021年にアルファロメオからF1にデビューすると確信している。一方で彼は、現在自身のチームで走る角田裕毅はF2の他のどのドライバーよりも速いと信じており、彼が来年F1に参戦する可能性は高いとも発言した。

 ホンダとレッドブルのジュニアドライバーである角田は、今年FIA-F2に参戦しており、2ラウンドを残した段階でランキング3位につけている。ランキング4位以上に入れれば、F1に参戦する資格であるスーパーライセンス発給の条件をクリアすることを踏まえ、レッドブルは角田をF1のフリー走行1で走らせることを検討、そのために11月4日にイモラでアルファタウリによるF1テストに参加させることも決めている。

 角田が所属するカーリンのボス、トレバー・カーリンは、現在ランキング首位のシューマッハーと角田が来年F1に昇格すると予想。さらに角田は今年のF2ドライバーのなかで最も速いとも述べている。

2020年FIA-F2ベルギー戦で優勝した角田裕毅と3位ミック・シューマッハー
2020年FIA-F2ベルギー戦で優勝した角田裕毅と3位ミック・シューマッハー

「ミックがアルファに入るのは間違いない。裕毅はアルファタウリに加入するだろう」とカーリンはロイターに対してコメントした。

「裕毅は(今のF2で)一番速いドライバーだと思う。ただ、リタイアとインシデントが多いために、それがタイトル争いに影響している」

「彼は本物だ。学習するのがとても早い。ルーキーでありながらタイトル争いに加わっている。日本人でそこまでのことができるドライバーが出てきたのは久しぶりのことだ」

 カーリンは、ホンダが2021年末でF1活動を終了することが角田のF1契約にマイナスの影響をおよぼすことはないと考えている。

「レッドブルは今後もホンダエンジンを使い続けるだろう」とカーリンは言う。
「(そのエンジンは)別の名前で呼ばれることになるかもしれないがね」