「ドライバーを選ばない600馬力仕様!」フレンドリーな特性が魅力のR35GT-R究極形ブーストアップの極意

唐突感の一切無いパワー特性がポイント

誰もが安定して速さを引き出せるブーストアップ仕様!

圧倒的なポテンシャルを誇るR35GT-R。エンジンパーツやタービンが出揃ってきた昨今では、800psオーバーの領域に突入しているユーザーカーも少なくない。そんな中、あえて純正タービンでのポテンシャルアップに取り組んでいるのが“エンドレス”だ。

一般的にブーストアップと言えばライトチューンのイメージが強いが、そこは歴代GT-Rを多彩に手がけてきた老舗チューナー。

ノーマルタービンの性能を余さず引き出せるように、エンジン本体はノーマルのままサージタンクやインジェクターまで含めて各部の効率アップを追求した620ps仕様を創出。同時に、スポーツ走行時の油温上昇を防止する追加オイルクーラーといった周辺環境にもキッチリと手を入れている。

ハイチューンドアイテムとして認識されるサージタンクだが、各シリンダーへのスムーズな吸気や容量アップはブーストアップでも低中速トルク向上などの恩恵へ結びつく。純正タービン仕様でも有効なパーツなのである。

サクション抵抗を極限まで抑制したパイピングレイアウト、ハイブーストでもリリーフせず対応するブローオフバルブはブーストアップの効果を引き出す上で欠かせないアイテムだ。どちらもトラスト製を導入している。

レインフォースをカットした上でトップシークレットの前期用ダクトをインストールし、インタークーラー上部にオイルクーラーを追加。98度開弁となるオイルサーモまでキャンセルすることで、夏のスポーツ走行でもMAX90度に抑制することが可能だ。

ブーストアップでも600psオーバーに達するR35は駆動系チューンも必須項目。クラッチディスクはノーマルの6枚から7枚へと強化し、ミッションは油圧アップなどのアッパープログラムを施している。ハンドリング特性を自在に操れるETSコントローラーも導入済みだ。

カンサイサービスのフロントフェンダー投入することで前後285サイズのインストールを実現。ノーマル然としたスタイリングのままで旋回性能を高めている。その上で、タイヤにはR35最強ストリートラジアルとして登場したアドバンA08Bを装備。ホイールは足元に力強さを与えるアドバンレーシングGTだ。

足回りは、純正のダンプトロニック機構をキープしたまま好みのフットワークセッティングを可能とするアラゴスタのタイプSA PnPでセットアップ。ストリートからサーキットまで幅広く対応する高性能車高調だ。

RH9ステアリングとレーシングハーネスを導入したシートベルトを追加した以外は完全ノーマルとなるインテリア。エクステリアはスポーティに、インテリアはノーマル+αとされているため、走行ステージ問わずカッコ良さと快適性を楽しむことができる。

このチューンドの速さは相当なもので、OPTION誌のテストでは静止状態から3秒42で100キロに達し、セントラルサーキットを1分25秒55(ドライバー:井入宏之選手)でラップする戦闘力を披露して見せたのである。

R35GT-Rの有する資質の高さ全域で底上げするトップチューナーの調律術。そこから紡ぎ出される最強ブーストアップ仕様、伊達じゃない。

●取材協力:エンドレス 神戸市西区岩岡町古郷字南場960-8 TEL:078-969-2555