最高出力300psを発揮、究極のFFスポーツ「フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ」デビュー

Volkswagen Golf GTI Clubsport

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ

8代目ゴルフ GTIシリーズの頂点に君臨

フォルクスワーゲンは、新型「ゴルフ GTI クラブスポーツ」をワールドプレミアした。現行の8代目ゴルフは「GTI」「GTE」「GTD」とスポーツモデルを続々とラインナップしており、GTI クラブスポーツは GTIをさらに進化させた仕様となる。

初代ゴルフ GTI クラブスポーツは、ゴルフ GTIのデビュー40周年を記念して2016年に発売。2世代目となるゴルフ GTI クラブスポーツは、出力アップを果たしたパワーユニットに加えて、シャシー性能も”別次元”と呼ぶにふさわしいレベルへと大幅に進化している。

注目すべきは強化されたネットワークシステム。ドライビング・ダイナミクス・システムには、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ専用にセッティングされた「ニュルブルクリンク・ドライビングプロファイル」がインストールされている。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツのエクステリア

最高出力300ps・最大トルク400Nmを発揮

ターボチャージャーの強化により最高出力221kW(300ps)・最大トルク400Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒「EA888 evo4」直噴ターボユニットを搭載。

ベースとなったゴルフ GTIでは「ビークルダイナミクスマネージャー」が、XDS(電子制御ディファレンシャルロック)とオプションのDCC(アダプティブシャシーコントロール)を統合・制御するが、今回から新たに標準装備される「エレクトリカル・フロントアクスル・ロック・ディファレンシャル」の制御も加えられている。

フォルクスワーゲンのドライビングダイナミクス/ステアリング&コントロールシステムの開発トップを務めるカルステン・シェブスダットは、新型ゴルフ GTI クラブスポーツについて以下のようにコメントした。

「すべてのドライビング・ダイナミクス・システムをネットワーク化したことで、新型ゴルフ GTI クラブスポーツは、ベースのゴルフ GTIよりもさらにニュートラルで正確なハンドリングを実現しました。また、伝説的なニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ・サーキットのために、新たに『ニュルブルクリンク・プロファイル』をプログラム化しています。足まわりや駆動系などのコンポーネントを、このクラシックサーキットに適合させています」

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツのエクステリア

空力パーツの変更でダウンフォースレベルが向上

エクステリアに関しては、サーキット走行を想定したエアロダイナミクスの強化が行われている。フロントバンパーは開口部が拡大され、ハニカム形状のラジエーターグリルトリムを採用。前方向のエアフローを改善する大型フロントリップが装着された。

リヤセクションにはふたつのパーツで構成された大型リヤウイングを装着。これらの空力パーツはデザイン上の変更としてだけではなく、ダウンフォースレベルを大幅に向上させている。足元には標準装備で18インチ・アロイホイールを採用。また、オーバルタイプの左右2本出しテールパイプがチョイスされた。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツのインテリア

横方向のサポートを向上させるスポーツシート

コクピットには、ArtVelours素材を使用したプレミアムスポーツシートを採用。サーキットなどにおけるスポーツ走行時にも抜群のサポートを行う。

この他にもパンチングレザー・グリップを備えたスポーツステアリングホイール、標準装備の7速デュアルクラッチギヤボックス(DSG)用パドル、アルミニウムルック・ペダルなど、GTI専用装備がインテリアをスポーティに演出している。