>>朝6連載

デリカ

イチから始めるカスタム講座

タイヤ&ホイール篇

愛車のD:5に手を加えてオリジナリティをアップしたいけど、どこから手をつければいいのか? どうやってやればいいのか? そしていまならどんなパーツを選べばいいのかなどをクローズアップ。
はじめての人はもちろん、次の一手を考えている人もみんなでデリカD:5のカスタムの世界を見ていこう!

純正とは違うスタイルを手に入れられる自分だけの「D:5」がその醍醐味だ!

FRONT
純正

JAOS

REAR
純正

JAOS

SIDE
純正

JAOS

写真は新型純正とJAOSのデモカーを同じ方向から見比べた写真。
デリカらしい純正のタフネスなイメージを崩さずに、その印象をさらに高め、そしてクルマ全体の存在感がアップしているのがよくわかる。
こういうカタチであれば、ノーマルのデリカD:5との違いは誰が見ても明らかで、街中で見かけたときの印象も「おおっ!」とアピール度が高い。
「人とは違う、自分だけの仕様」を目指してカスタムプランを考えていこう!

タイヤ&ホイール

デリカD:5の印象を手っ取り早くチェンジするのにおすすめであり、人気No.1のカスタムメニューが「タイヤ&ホイール」の交換だ。
気になる予算は、ベーシックな16インチのタイヤ&ホイール4本セットで10~15万円。
17インチや20インチなどサイズが大きくなるほど価格は高くなり、これらのセットだと15万円~20万円オーバーという感じがおおまかな相場になっている。

純正タイヤ&ホイールサイズ

16 inch
215/70R16  16×6.5J+38
標準の一部グレードは純正16インチ。
偏平率は70と比較的、厚みがある。
オフ系タイヤを狙うなら16インチがまず最有力候補となる。

18 inch
225/55R18  18×7.0J+38
上位グレードやアーバンギアなどは、18インチが最初から付いていることがほとんどだ。
タイヤは55 偏平で16インチに比べて薄い。

インチアップとは

インチアップをするときに基本として覚えておきたいのが、純正外径と変わらない(誤差±10mmが目安)サイズ選びをすること。
外径が大きく変わるとスピードメーターに誤差が出たり、車検に通らないケースもあるので注意。
基本的にインチアップ時はタイヤの厚みが薄くなり、インチダウン時はタイヤの厚みが大きくなる。

交換するタイヤ&ホイールサイズの目安

タイヤ&ホイールを交換するときのサイズは左の表を目安にセレクトしていけばOK。
これをベースとし、欲しいタイヤやホイールのラインアップ、そして予算と照らし合わせて選んでいくのがおすすめだ。

16 inch
225/70 16×7.0J +40
235/70 16×7.0J +40

17 inch
225/65 17×7.0J +40~+45
17×7.5J +40~+45

18 inch
225/55 18×7.5J +45

20 inch
245/40 20×8.5J +38

タイヤ選びはスタイルと乗り味も考える

D:5のカスタムで大事なのがその方向性。
特にタイヤをオフ系、オンロード系にするかは結構重要。
ファミリーカーとしている場合は、自分だけではなく同乗者の乗り心地という部分も気にして選びたい。
自分の使い方にあったベストな選択は、やはりプロショップなどで相談するのが◎。


ゴツゴツ系タイヤ

コンフォートタイヤ

タイヤに合わせてホイールデザインを選択

タフネス感のあるオフ系が人気だが、新型になり都会的なアーバンスタイルも注目されている。
タイヤ選びとともにホイールデザインもワイルドなゴツゴツ系か?スマートなアーバン系か?
こちらも合わせてしっかりコーディネイトしていきたい。


アーバン系デザイン

オフ系デザイン

 

**スタイルRV Vol.135 MITSUBISHI DELICA D:5 2020年5月26日発売号 より**

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

  • スタイルワゴン創刊300号記念 SNS愛車投稿キャンペーン

    スタイルワゴン創刊300号記念愛車投稿キャンペーン開催中!Instagramでハッシュタグ付けて愛車の写真を投稿するだけ!投稿者全員に特別ステッカープレゼント!特別賞受賞車は取材も!