BTCC第7戦:FK8ホンダ・シビック・タイプRのクックが連勝。タイトル候補は波乱続きに

 独自規定を採用し、創設60周年を経た今も世界をリードする最高峰ツーリングカー・シリーズ、BTCCイギリス・ツーリングカー選手権の2020年第7戦が10月10~11日にクロフトで開催され、ジョシュ・クック(FK8型ホンダ・シビック・タイプR/BTCレーシング)が2戦連続優勝を達成。最終ヒートではスピードワークス・モータースポーツのトム・イングラム(トヨタ・カローラBTCC/TOYOTA GAZOO Racing UK・ウィズ・ギンスターズ)が予選失格の失意を挽回する勝利を飾り、ホンダ・シビックとトヨタ・カローラが表彰台を占拠する活躍を演じた。

 全9戦に短縮された2020年BTCCシリーズもいよいよ終盤戦を迎え、クロフトの週末を含め残すは3戦。タイトル争いへの緊張感が高まる予選は、直前の降雨でフルウエットと化す厳しい条件となり、タイトル候補者たちに次々と試練が襲いかかる。

 その最初の犠牲者となったのが選手権首位を行く2017年王者アシュリー・サットン(インフィニティQ50BTCC/レーザー・ツール・レーシング)で、フライングラップで最速タイムを計時しながら最終セクターに差し掛かったところで、チームメイトのエイデン・モファット(インフィニティQ50BTCC/レーザー・ツール・レーシング)が1コーナーでコースオフ。これで赤旗中断となり、サットン渾身のアタックは無に帰すことに。

 さらにセッション再開後はサットン自身も僚友モファットをなぞるようにコースオフを喫し、無念の6番手で予選を終えてしまう。

 またトヨタ・カローラBTCCのイングラムも最速タイムを記録してセッションを終えるも、予選後の車検で最低地上高違反が発覚し、同じくライドハイト規定に抵触したセナ・プロクター(ヒュンダイi30ファストバック Nパフォーマンス/エクセラー8モータースポーツ)とともに、タイム抹消の失格処分が下される。

 後にイングラムのカローラは右フロントロワアームの破損が確認されるも、ルールはルールとして裁定は覆らず。この結果、FK8シビックのクックがポールポジションを獲得し、2番手にもFK2シビックのジェイク・ヒル(ホンダ・シビック・タイプR/MBレーシング・アクセラレーテッド・バイ・ブルースクエア)が並ぶフロントロウに。

 背後のセカンドロウには王者コリン・ターキントンにトム・オリファントが続き、タイトル争いを続けるチームBMWのBMW330i Mスポーツが最も優位なポジションでレース1に臨むこととなった。

 明けた日曜は天候も好転し、オープニングレースからドライコンディションでの勝負になると、先頭を走る2台のシビックは独走状態に持ち込んでそのまま15周を走破。クックが幸先よくポール・トゥ・ウインを飾り、最後の表彰台スポットにもターキントンが続いて、予選グリッド位置と変わらぬリザルトとなる。

 その背後では2度目の戴冠に向け執念を見せるサットンがドラマティックなレースを繰り広げ、スタート直後のバトルで今季好調のロリー・ブッチャー(フォード・フォーカスST/モーターベース・パフォーマンス)に押し出され14番手まで後退するも、怒涛のチャージを披露して5位までカムバック。

選手権首位を行く2017年王者アシュリー・サットン(インフィニティQ50BTCC/レーザー・ツール・レーシング)は雨の予選でまさかのコースオフを喫する
選手権首位を行く2017年王者アシュリー・サットン(インフィニティQ50BTCC/レーザー・ツール・レーシング)は雨の予選でまさかのコースオフを喫する
タイトル候補者が続々と脱落するなか、2019年は自身も王座を争ったジョシュ・クック(FK8型ホンダ・シビック・タイプR/BTCレーシング)がポールポジションを獲得する
タイトル候補者が続々と脱落するなか、2019年は自身も王座を争ったジョシュ・クック(FK8型ホンダ・シビック・タイプR/BTCレーシング)がポールポジションを獲得する
レース1はポールシッターのクックに続き、ジェイク・ヒル(ホンダ・シビック・タイプR/MBレーシング・アクセラレーテッド・バイ・ブルースクエア)、王者コリン・ターキントン(BMW330i Mスポーツ/チームBMW)のポディウムに
レース1はポールシッターのクックに続き、ジェイク・ヒル(ホンダ・シビック・タイプR/MBレーシング・アクセラレーテッド・バイ・ブルースクエア)、王者コリン・ターキントン(BMW330i Mスポーツ/チームBMW)のポディウムに
しかし王者ターキントンはレース2のオープニングラップでまさかのコースオフを喫し、グラベルでレースを終えることに
しかし王者ターキントンはレース2のオープニングラップでまさかのコースオフを喫し、グラベルでレースを終えることに

■続くレース2は波乱満載の展開に。最後にもドラマが

 さらにレース後にはブッチャーに当該バトルでのペナルティが言い渡されたことで、サットンが4位に浮上してターキントンとの順位差を最小限に留めることに成功した。

 続くレース2は一転、波乱満載の展開となり、スタート直後の1コーナーでターキントンがまさかのコースオフ。グラベルでマシンを止め早々に戦列を去ることに。これで俄然、ポジション争いの重要度が増したタイトルコンテンダーのサットンは、前を行く2台の新旧シビックに執拗なプレッシャーを掛けていく。

 そして6周目のヘアピンで2番手ヒルのインサイドに飛び込んだサットンのインフィニティは、FK2シビックのサイドに接触。このアクシデントでまさかのパンクを喫したサットンは、自らのミステイクで大量ポイント加算の好機を逸してしまう。

 さらにこのヒートは最後の最後にもドラマが用意されており、上位勢の波乱を受け7番手から躍進を見せたシリーズ3冠の大ベテラン、マット・ニール(FK8型ホンダ・シビック・タイプR/ハルフォーズ・ユアサ・レーシング)が、ファイナルラップの攻防で首位クックと死闘を繰り広げる。

 残り2周で高速右コーナーのサニーでサイド・バイ・サイドを演じた2台は、最終周にも再びニールが仕掛けてオーバーテイクを試みる。しかしこの最後のチャンスで首位クックのリヤにヒットしたニールは、スライドするグレー&ピンクのFK8を尻目にリードを奪い、そのまま2018年の“ダイヤモンド・ダブル”戦以来となるトップチェッカー。しかしこの動きは当然レース後審議の対象となり、ニールは敢えなくタイムペナルティで2位に降格。これでクックが2戦連続の勝利を手にし、ニール、ヒルと3台のシビックがポディウムを占拠する結果となった。

 そしてホンダ勢に代わり、最終ヒートのレース3で主役を演じたのはトヨタのイングラム。日曜レース1で25位から13位、混乱のレース2では4位にまでジャンプアップを果たしていた27歳は、リバースグリッドの3番手からスタートを切ると、チーム・ダイナミクスのダン・カミッシュ(FK8型ホンダ・シビック・タイプR/ハルフォーズ・ユアサ・レーシング)、そしてBTCレーシングのトム・チルトン(FK8型ホンダ・シビック・タイプR)と2台のシビックを仕留め、前日の最低地上高違反での失格裁定を取り戻す優勝を手にすることに。

 一方、このヒートでも不運に見舞われたのが王者ターキントンで、オープニングバトルでモーターベース・パフォーマンスのオリー・ジャクソン(フォード・フォーカスST)とのサイド・バイ・サイドを演じたBMWはダメージを追い、そのままピットでの修復作業を強いられる。

 これでレース3を5位で終えたサットンが7点差で選手権首位を維持し、2番手カミッシュに対し3番手のターキントンが5点差で追うスタンディングに。続く2020年BTCC第8戦は10月24~25日開催のスネッタートンで争われる。

レース1でアクシデントに見舞われた2017年王者アシュリー・サットン(インフィニティQ50BTCC/レーザー・ツール・レーシング)だが、驚異のカムバックで4位に入る
レース1でアクシデントに見舞われた2017年王者アシュリー・サットン(インフィニティQ50BTCC/レーザー・ツール・レーシング)だが、驚異のカムバックで4位に入る
レース3ではトム・イングラム(トヨタ・カローラBTCC/TOYOTA GAZOO Racing UK・ウィズ・ギンスターズ)が前日の最低地上高違反での失格裁定を取り戻す優勝を手にする
レース3ではトム・イングラム(トヨタ・カローラBTCC/TOYOTA GAZOO Racing UK・ウィズ・ギンスターズ)が前日の最低地上高違反での失格裁定を取り戻す優勝を手にする
レース3でもアクシデントに見舞われた王者ターキントンは、4周遅れでトラックに復帰し、ファステストラップの1点をもぎ取る
レース3でもアクシデントに見舞われた王者ターキントンは、4周遅れでトラックに復帰し、ファステストラップの1点をもぎ取る
レース2で8位に入っていた24歳のボビー・トンプソン(アウディS3セダンBTCC/GKRトレードプライスカーズドットコム)は、レース3で激しいバレルロールを演じ赤旗に。本人は自力で脱出し、周囲を安堵させる
レース2で8位に入っていた24歳のボビー・トンプソン(アウディS3セダンBTCC/GKRトレードプライスカーズドットコム)は、レース3で激しいバレルロールを演じ赤旗に。本人は自力で脱出し、周囲を安堵させる