「自信を持っているし、普段通りにドライブするつもり」初のF1テストを前に、角田裕毅が意気込み

 10月14日(水)、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、レッドブル・ジュニアチームに所属する角田裕毅が同チームのファクトリーでシート合わせを行い、11月4日(水)にイモラでトロロッソ時代の2018年型マシン『STR13』をドライブすることを発表した。

 現在FIA-F2に参戦し、ドライバーズランキング3位につけている角田。今回のテストは、フリー走行1回目(FP1)の走行資格を得るためのものだが、練習走行用のスーパーライセンスを獲得するためには、現行規則の車両で最低300km以上走行しなければならない。今回角田はその義務を果たすことになるようだ。

 初めてのF1マシンのドライブを前に、角田はアルファタウリの公式サイトに以下のようにコメントを寄せた。

「僕の最優先事項は300kmを走ることです。走行距離を稼げば稼ぐほどクルマのことを理解できるので、クラッシュやコースオフはしたくない。だから落ち着いてやっていきます」

「それができると自信を持っているし、普段通りにドライブするつもりです。F1マシンに乗る最初の日を楽しみつつも、自分の仕事に集中します。ピットレーンのライトがグリーンに変わるのをクルマに乗って待っているときは、かなりドキドキしていると思います」

 このテストが終われば、角田は再びF2に集中することになる。スーパーライセンス獲得に向け、最低でも4位でシーズンを終えなければならないが、トップを目指したいと意気込みを見せた。

「以前も言ったように、(ランキング)4位というのが最低限の目標です。でも僕はレーシングドライバーなので、勝って一番になりたい。このF1テストのおかげで、よりモチベーションや自信を持つことができると思っています」

スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのファクトリーでF1のシート合わせを行った角田裕毅
スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのファクトリーでF1のシート合わせを行った角田裕毅