フォーミュラE:ニッサン・e.ダムス、2020/21年シーズンもブエミとローランドのコンビを継続

 ABBフォーミュラE選手権に参戦するニッサン・e.ダムスは10月14日、2020/21年“シーズン7”のドライバーラインナップを発表した。来季も引き続きセバスチャン・ブエミとオリバー・ローランドのふたりを起用し、シリーズチャンピオンを目指す。

 シーズン5の2018/19年シーズンからフォーミュラEに参戦を開始したニッサン・e.ダムス。エース格のブエミは初年度でドライバーズランキング2位につけ、フォーミュラE初参戦となったローランドはルーキー勢では最多となる71ポイントを獲得し、ランキング10位で参戦初年度を終了した。

 そして迎えた2019/20年“シーズン6”では、シリーズの途中で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、選手権が一時中断されてしまうハプニングもあったが、シーズン再開後の第10戦ベルリンE-Prixでローランドが自身初優勝を手にし、ドライバーズランキング5位でシーズンを終えた。

 チームメイトのブエミは優勝こそなかったものの、シーズンを通して複数回の表彰台を獲得しドライバーズランキング4位に輝いている。また、ニッサン・e.ダムスとしてチームランキングは2位となり、悲願のシリーズチャンピオン獲得まであと一歩という結果を残している。

 そんなニッサン・e.ダムスが、2020/21年シーズンのドライバーラインアップを発表し、これまでと変わらずブエミ、ローランドというコンビを継続してシーズン7を戦うこととなる。

 ブエミはリリースで、「新しいシーズンも、ともに多くのことを成し遂げてきたチームで走ることとなり、嬉しく思う。チャンピオンシップで2位を獲得できた昨シーズンは、競争力をさらに高めていく自信を得ることができた。素晴らしい関係を築いているローランドとともに、チームが蓄積してきた経験と専門知識によって、次のシーズンでは今まで以上の結果を残すことができると信じているよ」と語った。

 そして第10戦で初優勝を飾ったローランドも、「昨シーズンはチームとしても、個人としても素晴らしい結果を残すことができた。安定して優れたパフォーマンスを発揮するために厳しい努力を重ねてきた結果、ニッサン・e.ダムスでフォーミュラE初優勝を飾ることができた。ブエミとともに来シーズンもニッサン・e.ダムスで走り、これまで以上に強くなってレースに戻ってきたいね」とコメントしている。

 また、合わせてテストドライバーおよびリザーブドライバーには高星明誠が、チームの公式シミュレータードライバーにはヤン・マーデンボローを継続して起用することも発表されている。

 2020/21年シーズンのフォーミュラEは、FIA格式の『ABB FIAフォーミュラE世界選手権』初年度として、2021年1月にチリのサンティアゴで初戦を迎え、7月のイギリス・ロンドンでのダブルヘッダーでシーズンが終了する予定だ。

ニッサン・e.ダムス悲願のシリーズチャンピオン獲得を目指すセバスチャン・ブエミ(左)とオリバー・ローランド(右)
ニッサン・e.ダムス悲願のシリーズチャンピオン獲得を目指すセバスチャン・ブエミ(左)とオリバー・ローランド(右)
テスト&リザーブドライバーには高星明誠(左)が、公式シミュレータードライバーにはヤン・マーデンボロー(右)も引き続き起用される
テスト&リザーブドライバーには高星明誠(左)が、公式シミュレータードライバーにはヤン・マーデンボロー(右)も引き続き起用される