スーパーフォーミュラ:Buzz Racing with B-Max、第3戦SUGOのセッテ・カマラ参戦を発表

 10月14日、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するBuzz Racing with B-Maxは、10月17〜18日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催されるスーパーフォーミュラ第3戦SUGOに、F1レッドブル/アルファタウリのテスト&リザーブドライバーを務めるセルジオ・セッテ・カマラが参戦すると発表した。

 スーパーフォーミュラに参戦するBuzz Racing with B-Maxは、2020年に向け当初セッテ・カマラとフランス人ドライバーのシャルル・ミレッシの起用を発表していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響による水際対策のため、セッテ・カマラとミレッシの参戦は叶わず、8月の第1戦もてぎは名取鉄平が、9月の第2戦岡山では高星明誠がそれぞれ1台体制で代役を務めていた。

 そんななか、スーパーフォーミュラは10月17〜18日からSUGOで第3戦を迎えることになるが、10月1日から政府の規制緩和によって条件付きで外国人の入国が許可されたこと、F1スケジュールが重ならないことから、いよいよセッテ・カマラの参戦が実現することになった。

「日本に戻ってくることができ、Buzz Racing with B-Maxから全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦できるチャンスをもらえたことを大変嬉しく思うよ。開幕からの2戦を失ったことで、厳しい戦いになるとは思うけど、自分自身のポテンシャルとチームのポテンシャルを信じて疑っていないよ」とセッテ・カマラはSFデビュー戦に向けて意気込みを語った。

「組田龍司オーナーの期待に応えるべく、また僕の参戦にあたって協力、尽力いただいた皆さんの期待に応えるべく、最高の仕事をしてみせるつもりだ」

 また、チームを率いる本山哲監督は「開幕前の合同テストから、彼の速さと適応能力の高さは際立っていました。コロナウイルス感染を避けて、たったひとりで日本のホテル暮らしをしていた精神力の強さもハングリーさも素晴らしいと思います。F1開幕戦とともにレッドブルに呼び戻されてヨーロッパで帯同したおかげで、逆に日本に入国ができなくなりましたが、F1に乗るチャンスが1パーセントでもあれば、それを選ぶドライバー心理は理解できますし、その間にもフォーミュラEに参戦するなどハングリーさは相当なものです」と期待を寄せた。

「ようやく日本に戻ってこられた彼と一緒に戦うSUGOは、自分にとっても楽しみです。ヨーロッパスタイルのSUGOは、彼の日本デビュー戦にふさわしいレースになると期待しています」

 本山監督が言うとおり、SUGOは外国人ドライバーが速さをみせるコースのひとつでもあり、開幕前のテストから速さをみせていたセッテ・カマラが、F1レッドブル/アルファタウリのテスト&リザーブドライバーを務めるその実力をどう発揮してくれるか非常に楽しみなところだ。

 なお、Buzz Racing with B-Maxは今回もセッテ・カマラの1台に力を集中する予定だが、特別なビザを取得し、第4戦オートポリスからはミレッシの参戦も予定しているという。こちらも楽しみなところだろう。

50 セルジオ・セッテ・カマラ Buzz Racing Team with B-Max Honda M-TEC HR-417E
セルジオ・セッテ・カマラ(Buzz Racing Team with B-Max)
2020年スーパーフォーミュラ第2戦岡山 高星明誠(Buzz Racing Team with B-Max)
2020年スーパーフォーミュラ第2戦岡山 高星明誠(Buzz Racing Team with B-Max)