BMWのフラッグシップSUV「X7」改良型は、グリルがさらに拡大しアグレッシブに

■フラッグシップ・セダン「7シリーズ」に似たフロントマスクを採用か?

BMWのフラッグシップ・クロスオーバーSUV、「X7」の改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

BMW X7_003
BMW X7 改良型プロトタイプ スクープ写真

X7は、フランクフルトモーターショー2017でコンセプトモデルを発表した後、2019年に発売。日本にも同年に導入されていますが、はやくも改良型に着手しているようです。

BMW X7_001
BMW X7 改良型プロトタイプ スクープ写真

捉えたプロトタイプは、フロントマスクをフルモデルチェンジ級にカモフラージュしています。わずかに覗く部分からは、よりワイド化されるグリル、開口部がなめらかに新設計されたボンネットフードやバンパー、現在のユニットよりも低い位置に配置されているヘッドライトなど、フラッグシップ・セダン「7シリーズ」2020年型に似たデザインが見てとれます。

リアエンドでは、テールライトのグラフィックが再調整されるほか、バンパーやエキゾーストシステムのリフレッシュが予想されます。

キャビン内では、洗練されたインフォテイメントシステムとインストルメントパネルに加え、アップデートされた室内装飾品とトリムが提供されるでしょう。

パワートレインでの注目は、水素レンジエクステンダー(ハイブリッド燃料電池車)搭載モデルの設定も噂されていますが、現段階で実現される可能性は低いといえます。しかし、ハイブリッドパワーの追加が予想されるほか、3.0リットル直列6気筒ターボチャージャー、4.4リットルV型8気筒を搭載する「M50i」などがキャリーオーバーされます。

X7改良型のデビューは、早くとも2021年後半と予想されています。

(APOLLO)