BMW X4改良型は巨大グリルを採用!? 最強「M」プロトタイプをスクープ

■新設計されたエアインテーク、5シリーズ」同様のスリムなヘッドライト搭載か

BMWのミッドサイスSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)『X4』に設定される最強モデル、『X4M』の改良型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えました。

BMW X4M_014
BMW X4M 改良型 プロトタイプ

X4は、2018年に現行モデルが初めて登場、2019年には最強「M」が設定されたばかりですが、早くも大幅改良がなされます。捉えたプロトタイプは、クワッドエキゾーストパイプとクロスドリルローターを装備、Mバージョンであることが認識できます。

BMW X4M_009
BMW X4M 改良型 プロトタイプ

注目はフロントエンドのグリル部分です。大きなカバーが付けられていることからも、新型「4シリーズ」同様のメガキドニーグリルが採用される可能性もありそうです。

そのほか新設計されたエアインテークを備えるバンパー、「5シリーズ」同様のよりスリムなヘッドライトなどが予想されます。後部ではディフューザー、テールライトのグラフィックなどがリフレッシュされるでしょう。

情報源によると、室内ではインフォテインメント・ディスプレイとセンターコンソールに大きな変更が加えられるといいます。ディスプレイサイズが大きくなるほか、新しいギアシフターが新設計のコンソールに配置、iDriveコントロールはコンソールにより良く統合され、最新のソフトウェアが利用可能になります。

BMW X4M_003
BMW X4M 改良型 プロトタイプ

パワートレインは、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンをキャリオーバー、最高出力は473hp、コンペティションモデルでは最大502hpを発揮し、8速ギアボックスと組み合わされます。

X4M改良型のデビューは2021年後半、2022年モデルとして登場するはずです。

(APOLLO)