アンディ・パーマーも参画する、世界初のAI搭載EV用インテリジェント・バッテリー登場 【動画】

人工知能を搭載した革新的なバッテリー

スロバキアのバッテリーメーカー「イノバット・オート(InoBat Auto)」は、世界初となるインテリジェントな電気自動車用バッテリーを公開した。同社のマリアン・ボチェクCEOは、この新型バッテリーを、2021年から世界の自動車メーカーに向けて供給すると明かしている。

スロバキアのブラチスラバで行われた「グロブスク・タトラ・サミット2020(GLOBSEC Tatra Summit 2020)」において、イノバットはわずか1年の研究開発期間を経て、人工知能(AI)とハイスループット(高速化合物評価)テクノロジーを組み合わせて開発された、世界初のインテリジェント・バッテリーを発表した。

インテリジェント・バッテリーにより電気自動車の航続距離が20%も向上

EVの航続距離を約20%も向上させることが可能に

イノバットは先進的なバッテリーの開発行程を採り入れたことで、より性能の高いバッテリーをより迅速かつ効率的に製造することが可能になった。

今回発表されたインテリジェント・バッテリーにより、現在クラス最高レベルを持つEVの航続距離を約20%も向上させることができるという。 このテクノロジーの採用によって、イノバットはコバルトへの依存度を下げることが可能だという。また、2023年末までに330Wh/kg、1000Wh/Iのキャパシティを持つバッテリーの開発を目標に掲げている。

イノバット・オートの共同創業者であり、CEOを務めるマリアン・ボチェクは以下のようにコメントを発表した。

「今回、世界初となるインテリジェント・バッテリーを発表できたことを、心から誇りに感じています。イノバットはバッテリーのイノベーターとして、世界を牽引している自負があります。電気自動車の分野において、最高の性能、安全性、コストといったニーズを満たすために、最高のバッテリーを開発するという、我々のビジョンが現実のものとなりました」

「世界中のバッテリーメーカーの中でも、これほど迅速に最適な電池化学物質を発見し、採用に向けて実証できる技術を持っているのはイノバット以外にないでしょう。イノバットはお客様に“ベスト”なソリューションを提供することを約束します」

スロバキアのヴォデラーディ建設中の最新ファクトリー

2021年からスロバキアで本格的な量産をスタート

イノバット・オートは、スロバキアのヴォデラーディに世界初のAIバッテリー研究センターと生産ラインを建設。2021年からインテリジェント・バッテリーの生産を開始する予定だ。また、24万台のEV用バッテリー供給キャパシティを持つ生産拠点を、2025年までに設立すべく、10億ユーロの投資計画も持っている。

さらにアストンマーティンのCEOを務めていたアンディ・パーマーが、非常勤副会長としてイノバット・オートに加わったことも発表された。

「世界初のインテリジェント・バッテリーは、交通機関の電動化において、大きな飛躍を促すことになるでしょう。イノバットでは、あらゆるタイプの EVに最適なバッテリーを供給するために、よりイノベーションを加速させたいと考えています。この新たなバッテリーは2021年からの量産に向けて、テストと開発を進めていく予定です」と、ボチェクCEOは付け加えた。