ブガッティ シロン ピュール スポールのデリバリー目前。顧客&メディア向け試乗会をサーキットで開催

Bugatti Chiron Pur Sport

ブガッティ シロン ピュール スポール

究極のコーナーリングマシンをカスタマーが初体験

1年半以上に及んだ集中的な開発作業、さらにサーキットや公道における5万km以上のテスト走行を経て完成した、ブガッティ シロン ピュール スポール。今回、ドイツのテストトラック「ビルスター・ベルク(Bilster Berg)」と近隣の公道において、ジャーナリストとブガッティのカスタマーを対象としたテストドライブが実施された。

ブガッティ・オートモビルズのステファン・ヴィンケルマン会長は、今回の試乗会について以下のようにコメントした。

「新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大によるロックダウンにより、ここ数ヵ月の間は信じられないほどの困難がありました。それにもかかわらず、我々は予定通りのスケジュールをこなし、ついに新型シロン ピュール スポールを、ブガッティのお客様に体験して頂くことができるようになりました」

「開発チーム全体の信じられないような働きを評価するためには、このハイパースポーツを自分自身で体験し、何が特別なのかを感じてほしいと考えています。そのためにお客様にはビルスター・ベルクのレーシングトラックでシロン ピュール スポールを限界までプッシュし、その後は公道での日常的な使い勝手を体験して頂こうと考えました」

ビルスター・ベルクで行われた「ブガッティ シロン ピュール スポール」のテストドライブ

加速性能に特化したハイパースポーツ

最高速度よりも、ハンドリング性能に特化して開発されたシロン ピュール スポールは、駆動システム、シャシー、エアロダイナミクスをベースモデルから大幅に変更。最高出力1500hp・最大トルク1600Nmを発揮する8.0リッターW型16気筒エンジンは、最高出力発生回転数を200rpm引き下げ6700~6900rpmとした。

ギヤ比を変更したことで、0-100km/h加速は2.4秒から2.3秒、0-200km/h加速は6.1秒から5.5秒に短縮。最高速度は電子リミッターにより350km/hに制限されている。開発責任者を務めるステファン・エルロットは、「このスペックを設定したのは、安定性とハンドリングを妥協せずに、シャシーとエアロダイナミクスを適応させることができたからです」と、説明した。

テストチームにおけるサーキットでの精力的なテストにより、足まわりに関してはネガティブキャンバーが付けられ、よりハードなスプリングを採用。さらにグリップレベルを向上させたミシュランタイヤを装着したことで、コーナーリング時における接地性能が大幅にアップしている。

ビルスター・ベルクで行われた「ブガッティ シロン ピュール スポール」

コーナーリングを楽しめるハイパースポーツ

エアロダイナミクスに関しては、大型スプリッターを備えたフロントセクション、開口部が拡大されたエアインテーク、新たに採用されたホイールアーチベンチレーション、大型ディフューザー、幅1.9mの固定式リヤウイングにより、高いダウンフォースレベルを確保。また、50kgもの軽量化を実現した。

「シロン ピュール スポールは、コーナーリング時にその真価を発揮します。広範囲にわたる改良により、大幅に加速性能とダウンフォースが向上しました。トップスピードまで優れたトラクションを発揮します」と、エルロット。

経験豊富なドライバーに向けて新たに導入されたドライビングモード「ESC Sport+」では、ESC(横滑防止装置)が介入することなく、リヤを振り回したドリフトを楽しむことができる。

「私たちはサーキットやワインディングロードで楽しめるハイパースポーツを開発しました。あらゆる道路で最高のドライビングプレジャーを得ることができるでしょう。今回、ブガッティのお客様がこの素晴らしい経験を我々と共有できるようになったことを嬉しく思います」と、ヴィンケルマン会長は付け加えた。

シロン ピュール スポールの価格は300万ユーロ。現在、60台限定で受注がスタートしており、その製造はフランスのモレスハイムにおいて2020年後半から開始される。