マグヌッセン「フロントウイングに軽いダメージを負ったことも影響。運がなかった」:ハース F1第11戦決勝

 2020年F1第11戦アイフェルGPの決勝レースが行われ、ハースのケビン・マグヌッセンは13位でレースを終えた。

■ハースF1チーム
ケビン・マグヌッセン 決勝=13位
 時として思わぬチャンスが与えられるレースがあるもので、今日もそのひとつだった。それを逃してしまったのが残念だね。僕らの戦略は間違っていたが、レース前にそれを知る術はないのだから仕方がない。

 もちろん、最良のチャンスが得られると考えてあの戦略を選んだわけだけど、実際のレースの展開は僕らが思っていたようにはならなかった。序盤にフロントウイングに軽いダメージを負ったのも響いた。結局のところ、今日はまったく運がなかった。それがレースというものだ。

ケビン・マグヌッセン(ハース)
2020年F1第11戦アイフェルGP ケビン・マグヌッセン(ハース)