ラッセル「キミがミスして突っ込んできた。ダメージが酷くてリタイアしかなかった」:ウイリアムズ F1第11戦決勝

 2020年F1第11戦アイフェルGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのニコラス・ラティフィは14位、ジョージ・ラッセルは接触により大きなダメージを負ってリタイアでレースを終えた。

■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=14位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2020年F1第11戦アイフェルGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 とても難しいレースになり、僕としてはできる限りハードにプッシュした。正確な理由は分からないが、特にハース勢やアルファ勢と比べて、全体的にペースが遅かったんだ。セーフティカーが退去した時点では、いいポジションにつけていた。ただ、背後にいたのは僕より速くて、しかも新品のソフトタイヤを履いたクルマばかりだった。

 今回はダニール(・クビアト)と面白いバトルができた。最後の5〜6周の間は、僕がターン1への進入でポジションを守り、ターン1、2、3とバトルが続いたんだ。ああいう戦いができると楽しいね。この週末、どうしてペースが上がらなかったのか、しっかり分析して理由を確かめる必要がある。

ジョージ・ラッセル 決勝=リタイア
 アイフェルGPをこんな形で終えることになって、本当に悔しい。僕はセバスチャン(・ベッテル)と順位を争っていて、背後にはキミ(・ライコネン)が迫っていた。そして、僕が手前のコーナーでいったんセバスチャンを抜いた後、彼はDRSを使って僕を抜き返した。その時、後方から仕掛けようと狙っていたキミがミスを犯し、クルマのコントロールを失って突っ込んできたんだ。

 その結果、僕のクルマはダメージを負い、タイヤもパンクした。結局、ダメージがひどすぎてピットまで戻ることさえできず、リタイアするしかなかった。まあ、レースをしていると、時として起きることだけどね。

 それまではクルマのフィーリングも良くて、周囲のドライバーたちと同じペースで走れていた。ライバルとは少し違う戦略を採っていたから、あのまま行けば確実にチャンスはあったんだ。それだけに、僕のレースがこういう結果に終わったのが残念だ。

2020年F1第11戦アイフェルGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)とジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)が接触
2020年F1第11戦アイフェルGP 決勝レースの14週目、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の背後でキミ・ライコネン(アルファロメオ)とジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)が接触