サインツ5位「新パーツへの理解を深める必要がある」マクラーレン【F1第11戦決勝】

 2020年F1アイフェルGP決勝で、マクラーレンのカルロス・サインツJr.は5位だった。

■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 決勝=5位
 いろいろと難しいことの多い週末だった。それでも5位に入って、貴重な10ポイントを獲得したのだから、満足すべきだろうね。レースではペースの一貫性を維持できて、巡ってきたチャンスはうまく利用した。

 ただ、直接的なライバルは僕より上位でフィニッシュしているし、レースを通じてこちらよりペースも良かったようだ。クルマのフィーリングも文句なしというわけではなかった。アップデートされたパーツを、もっとよく理解できるように努める必要がありそうだ。

 これからの2週間を有意義に使って、今後どうするのか、どのようにポルトガルでのレースに臨むのか、しっかり分析して検討したい。ランド(・ノリス)は残念だった。どうやらスパの時と同じトラブルらしい。前を向いて進み続けるよ。