ジョビナッツィ10位「トリッキーなコンディションをうまく乗り切れた」アルファロメオ【F1第11戦決勝】

 2020年F1アイフェルGP決勝で、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは10位だった。

■アルファロメオ・レーシング・オーレン
アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=10位
 僕自身とクルマのパフォーマンスに、心から満足している。とてもいいレースができて、スタートからフィニッシュまでいいペースを維持できた。

 今回のようなレースでは、何が起きても不思議はないと思っていたし、そういう状況になれば十分に戦えることも分かっていた。1ポイントを持ち帰ることができてうれしいよ。

 今回もすごくいいスタートを切れて、いくつか順位を上げ、その後もトリッキーなコンディションをうまく乗り切れた。本当なら、もう少し上の8位あたりでフィニッシュできたはずだけど、終盤のセーフティカーが僕にとっては痛手となり、(ニコ・)ヒュルケンベルグと(ロマン・)グロージャンに抜かれてしまった。

 それでも、目標としていたトップ10フィニッシュは達成できた。今後のレースに向けて、自信を高める効果は十分にあったよ。