ガスリー「6位に大満足。バトルを本当に楽しめた」アルファタウリ・ホンダ【F1第11戦決勝】

 2020年F1アイフェルGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6位を獲得した。

 ガスリーは12番手からミディアムタイヤでスタート、ポジションを落とし序盤は13番手を走行した後、ファーストスティントを長くとり、27周目には7番手に浮上。30周目にハードタイヤに交換し、12番手でコースに復帰し、7番手まで上がった後、セーフティカー出動時の44周目にソフトタイヤに交換、ステイアウトしたロマン・グロージャン(ハース)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)をオーバーテイクし、6位入賞を成し遂げた。

2020年F1第11戦アイフェルGP ピエール・ガスリーとダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第11戦アイフェルGP ピエール・ガスリーとダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=6位
 今日のレースには満足している。昨日はマシンの感触があまりよくなくて苦しんでいたんだ。バランスを理想の状態に持って行けずにいた。

 でも僕らは通常、日曜のレースペースはよくて、ポイント争いができるんだ。今日も楽しかった。コース上でたくさんのバトルをした。アタックしたり、逆に防御したり、さまざまな戦いがあって、本当に楽しかったよ。

 チームは正しいタイミングで正しい決断をしてくれた。今日の6位には満足していいと思う。