中上「トリッキーなコンディションの中、とてもいい結果になりました」/MotoGP第10戦フランスGP決勝

 MotoGP第10戦フランスGPで、LCRホンダ・イデミツの中上貴晶は7位入賞を果たした。決勝レースは、スタート直前に雨が降り始め、ウエットレースが宣言されたことで、予定より10分遅れでスタート。

 気温12度、路面温度14度という厳しいコンディションの中で、13番グリッドからスタートした中上は、オープニングラップで12番手、4周目にはアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)を抜いて11番手。6周目にはファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)を抜いて10番手に浮上。

 その後、ポル・エスパルガロ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)、チームメイトのカル・クラッチロー、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)、ミゲール・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)の5番手争いの集団を追撃した。

 終盤は、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)を先頭に、オリベイラ、中上、そして追い上げてきたヨハン・ザルコ(エスポンソラーマ・レーシング)の4位争いのグループの中で戦いを繰り広げ、7位でチェッカーフラッグを受けた。これで中上は9戦連続でトップ10フィニッシュを果たし、ライダーズランキングも総合5位へと浮上した。

■LCRホンダ・イデミツ
中上貴晶(決勝7位)

「難しいレースでした。レースに向けて準備をしていましたが、雨が降り始め、ディレイとなった数分後に路面はフルウエットになりました。そのため、もう一台のマシンでウエットの準備をしました」

「とてもトリッキーで、難しいレースだったので完走できたことが一番です。とてもうれしいです。レース終盤は路面が乾いてきて苦戦しましたが、速さはあり、トップグループにかなり近づきました。残り3周で、リヤタイヤがオーバーヒートして、メインストレートでかなりスピンしました。そのためポジションをキープするのが大変でした」

「再びトップ10に入り、今回は7位を獲得できました。トリッキーなコンディションの中、とてもいい結果になりました。チームに感謝したいです。レースウイークを通して、パフォーマンスはまだ十分ではありませんでしたが、レース終盤ではかなり強さがありました。次はアラゴンの2連戦です。チャンピオンシップでは現在5位です。これもポジティブなエネルギーになります」

2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)

2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)