「まだまだ新型車には負けられぬ」L型エンジンの可能性を追求するS30Z直線番長!

L28改3.4LのNA仕様で350馬力をマーク

ドラッグ専用機として進化を続けるサンマルZ!

セントラルサーキットで開催された“DRAG FESTIVAL WEST 2020 Rd.2(9月12日)”のオープンNAクラスにて、最速タイム(10秒512)を叩き出して優勝を飾ったS30Zの登場だ。

エンジンはオリジナル90φピストンに88mmストロークのクランクを組み合わせ、L型としては最大排気量となる3.4Lまで拡大。これにTWMのスロットルをセットし、モーテックM84フルコンでコントロール。350ps&40kgmを絞り出している。

その他、剛性に影響を及ぼさないストラットタワー前方のフレームは大胆に切断し、オーバーハング部を軽量化。配線類は美しくまとめられており、シンプルなエンジンルームに仕上げられている。

インテリアはダッシュボードや内装を取り外し、必要最低限の計器のみをレイアウト。非常にスパルタンな仕上がりだ。ステアリングはダットサンコンペ。ミッションはGフォース製のクラッチレス仕様をセットしている。

ハッチバックという構造上、どうしても剛性が不足するリヤ周りは溶接留めロールケージで対応。バッテリーは助手席後方にセットされ、重量バランスも最適化。ラゲッジ中央に確認できるタンクはレース用の安全タンクだ。

ボディを軽量化した分、低下するトラクション性能を補うため、リヤタイヤはフ―ジャー・ドラッグスリックの29.0×10.0-15という大径サイズを装着。ちなみに、フロントはフージャー・ドラッグの25.0×5.0-15サイズだ。

「高出力、軽量化、前に転がる足」というドラッグマシンに重要な三大要素を高次元でバランスさせたS30Z。夢の9秒台入りを目指し、まだまだ走り続けていくというから今後の活躍に期待したい。

●取材イベント:DRAG FESTIVAL WEST 2020 Rd.2 セントラルサーキット