ランボルギー二・ウラカンEVO・RWDスパイダーに清水和夫のニヤニヤが止まらない「NAのV10、良き!」【頑固一徹 和】

■V10 NAエンジンを8500rpm回すとアドレナリン「ドピュッ!」

ランボルギー二 ウラカンEVO RWD スパイダー
ランボルギー二 ウラカンEVO RWD スパイダーを、清水和夫が頑固一徹チェック!

●ハイパワー・ミッドシップをあらためて味わう

国際モータージャーナリスト・清水和夫さんが今、気になるクルマを辛口試乗&そのアウトラインも語る『頑固一徹 和』。今回はイタリアの暴れ牛、ランボルギー二・ウラカンEVO・RWDスパイダーです。

V型NAが好物の清水さんはどう語ったのでしょうか?

●大排気量多気筒V型NAエンジンは、ゆっくり乗ってもニヤニヤ(ハート)

清水和夫さん
V10 Naにニヤニヤが止まらない清水和夫さん。

さぁ、今日はどんなクルマでしょう!? 顔がニヤニヤしちゃうんだけど、ランボルギーニ・ウラカンのV10 5.2L、610psの560Nm。つまり、NAエンジンです。

プラットフォームは基本的にはアウディのアルミボディのミッドシップ・R8と遠い兄弟みたいな。トランスミッションはツインクラッチの7速です。

ウラカンのエンジン
5L V10 NAエンジンを積むランボルギー二 ウラカンEVO RWD スパイダー
ウラカンのコクピット
座っただけで心が躍るようなコクピットです。

NAエンジンっていうのはトルクの出かたがいいですよね。一番下品(!?)なのはEVで、アクセル踏んだ瞬間に最大トルク。次に下品(!?)なのがキュンとトルクが立ち上がるターボ。

で、NAは回転に比例してリニアにトルクが上がっていくので、急な崖を上る感じはないんですよね。そういう意味でNAエンジンっていうのは非常にリニア感があっていいな!と思うんです。

●V12 NA+48Vの『ゴードン・マレーT.50』にも恋焦がれ…

ゴードン・マレーT.50
ゴードン・マレーT.50は1万rpm回るそう! しかもマニュアル…「乗れるもんなら乗ってみろ!」(笑)

いや~、やっぱりありだね、NAエンジンのスーパースポーツ。

ゴードン・マレーがマクラーレンF1の新しい版、センターシートの3人乗りV12 NAエンジン『T.50』を発表しました。ポルシェ・ボクサーと同じようなサイズで、しかしボクサーよりかなり軽くて1t切っています。

T.50には48Vも付いています。V12+48Vのその意味は、48Vで大きいファンを回して床下の空気を吸い出すような、昔のF1ブラバムでやっていたゴードン・マレーのアイデアそのまま。「48Vをそういう使い方をしたのか!」という、奇才ゴードン・マレーらしいクルマです。

いずれにしろ、V12のNAエンジンというのが良くて、しかもマニュアル。『乗れるもんなら乗ってみろ!』みたいなスーパーカーですよね!

●何回転で乗っても気持ち良さがあるって、いいね!

ランボルギー二 ウラカンEVO RWD スパイダー
メーター、シフト部、シート、ホイール…どれをとってもランボルギー二 ウラカンEVO RWD スパイダーはカッコイイ!

ランボルギー二・ウラカンEVO・RWDスパイダーはV10、アウディの5気筒エンジンをVバンクにし、8500rpmからレッドゾーンです。今の時代、もう8000rpm以上回るエンジンなんてほとんどいません。ゴードン・マレーT.50のV12は1万rpm超えるんですけど。

試乗中の清水和夫さん
飛ばしてもゆっくり走っても気持ちイイ! でもホンネは「カッ飛ばしたい!」(!?)

その昔、ホンダの川本社長が30年前…初代NSXを開発するときに、チーフエンジニアに酔っぱらって言った言葉が印象的で、「オマエ、悔しかったら1万rpm回るエンジン載せてみろ!」みたいなこと言っていましたね。

NAエンジンに対する思い入れというのは、亡くなったピエヒ博士もずっと持っていました。

なんか、こ~いうスーパーカーを50~60km/hでゆっくり走るのも意外にいいもんだね。アンダーステイトメント的に言えば『能ある鷹は爪を隠す』ので、踏めば8500rpm回るけど、2000rpm台で流すのも悪くないね。

総合評価指数は★★★★
総合評価指数は★★★★
評価軸(3項目)&評価ポイント
評価軸(3項目)&評価ポイントは8、7、7点!

(試乗:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの

ランボルギー二 ウラカンEVO RWD スパイダー
ランボルギー二 ウラカンEVO RWD スパイダーの主なSPEC。

⬛︎SPECIFICATIONS
車名:ランボルギー二 ウラカンEVO RWD スパイダー(LAMBORGHINI Huracán EVO RWD Spyder)
全長×全幅×全高:4520×1933×1180mm
ホイールベース:2620mm
車両重量:1509kg
エンジン:V型10気筒DOHC
排気量:5204cc
ボア×ストローク:84.5×92.8mm
圧縮比:12.7
最高出力:449kW(610ps)/8000rpm
最大トルク:560Nm/6500rpm
トランスミッション:7速デュアルクラッチ(LDF[ランボルギーニ・ドッピア・フリツィオーネ])
駆動方式:後輪駆動(ミッドシップ)
サスペンション: ダブルウイッシュボーン(F/R共)
ブレーキ:F 365×34 mm径・ベンチレーテッドディスク/R356×32 mm径ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:F 245/35ZR19/R 305/30R19
燃料消費率 WLTCモード:7.2km/L
0→100km/h加速:3.5秒
最高速:324km/h
車両本体価格(税込):26,539,635円

【頑固一徹試乗とは?】
国際モータージャーナリスト、清水和夫が斬る試乗インプレッション『頑固一徹テスト』。頑固一徹・清水和夫が独自の目線でチョイスした新型モデルを、パワートレーン、ライドコンフォート、ドライビングプレジャーの3分野で評価、採点し、その合計点によって10段階で評定します(※今回よりミッドシップスポーツの実力を評価するべく、評価項目を変更しました!)。

■頑固一徹 総合評価指数
3〜6点→★
7〜12 点→★★
13〜18点→★★★
19〜24点→★★★★
25〜30点→★★★★★

■頑固一徹テスト 試乗インプレッション評価軸(3項目)&評価ポイント
パワートレーン 10段階評価(1〜10点)
ライドコンフォート 10段階評価(1〜10点)
ドライビングプレジャー 10段階評価(1〜10点)