総合2番手のオジエ「4SSで最速だったので満足している」/WRC第6戦イタリア デイ2後コメント

 WRC世界ラリー選手権第6戦は10月10日、イタリア・サルディニア島での競技2日目を迎えた。この日はSS7~12が行われ、初日に総合首位に浮上したダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)が引き続きトップを守った。総合2番手はセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)で、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)がこれを僅差で追いかける展開となっている。そんなWRCイタリアのデイ2を終えた各陣営からドライバーコメントが発表された。

■Mスポーツ・フォードWRT

●テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)/デイ2総合5番手

「今日は僕たちにとって困難な1日だった。午前中のスタートは良かった。先頭集団のクルーより数秒遅れていたが、エルフィン(・エバンス)とは良いペース争いをしていた」

「しかし、その後ハンドブレーキに問題が出て、低速のセクションで多くのタイムを失ってしまったんだ」

「でも午後にはふたたび盛り返した。午後最初のステージ(SS11)ではエルフィンからタイムを取り戻し、2番目(SS12)のステージでは彼に少し遅れをとった」

「明日は厳しい戦いになるだろうから、ベストを尽くすつもりだ。1ステージあたり、たった2秒の差だ。僕たちはプレッシャーをかけ続けていくよ」

テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC) 2020年WRC第6戦イタリア

●ガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)/デイ2 リタイア

「昨日は僕のキャリアのなかでも最高な1日だった。自分のドライビングとマシンにとても満足していた。すべてがうまくいったんだ」

「今日の午前中も始まりはまた良かった。僕のペースノートは少し遅めになっていたようで、また2番目のスペアタイヤが最善の選択ではなかったかもしれない。それでも、その状況を活かそうとしていた」

「残念ながら、その後のSS9で低電圧の警告が出て、ストップラインを離れた途端にマシン全体がダメになってしまった。下り坂を降り切ったところでね!」

「だからオルタネーターベルトは交換できたけれど、マシンをジャンプスタートさせるのに充分な勢いがつけられなかった。45分間試した後で、終わりにしなければならなかった。明日はこれまでに改善してきたことに集中するよ」

ガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
ガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC) 2020年WRC第6戦イタリア

■ヒュンダイ・シェル・モビスWRT

●ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ2総合3番手

「余分のスペアタイヤを積んだのはベストな選択肢ではなかったと感じているとはいえ、今日の午前中のペースには満足している。僕たちの目標は総合2位につけて、ギャップを広げることだった」

「午前はステージ優勝で終えて、午後は戦いを再開する準備ができていた。異なるタイヤ戦略を試して、タイムはとても近いものになった。必死に走行したが、オジエの方が少しスピードが出ていたようだった」

「残念ながら最終ステージの橋の上で1.5秒から2秒を失ってしまった。ブレーキングが遅れたんだ。最大限にプッシュしていると、こういうことが起こり得る。明日もまた戦っていくよ」

ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) 2020年WRC第6戦イタリア

●オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ2総合6番手

「今日は大きなドラマもなく順調な1日だった。大体においてすべてのことがうまくいったし、自分たちにできることをやった」

「計画していたことはすべて達成できたと思うから、これ以上の自分たちにできることはなかった」

「マシンの感触はとても良かったよ。明日は同じような、より典型的なサルディニアのステージが待っている。道幅が狭く曲がりくねっているんだ」

「僕たちの最優先事項は、パワーステージにたどり着いて、そこでプッシュしていくことだ。今の時点では取れるポイントのすべてが重要だからね」

オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC) 2020年WRC第6戦イタリア

●ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ2総合首位

「金曜日と同じように今日1日を終えた。とてもポシティブに感じているし、自分たちのパフォーマンスに満足している」

「今日はタイヤマネジメントに注意しなければならなかった。ループごとに正しい選択をして、できるときにはプッシュし、必要なところではペースをキープしていた」

「今日の最終ステージでは僕たちのタイヤは傷みきっていたから、なおさら慎重に進まなければならないね」

「僕は経験上、ラリーには充分なアドバンテージというものはない、ということを知っている。結果を出したいのなら、このペースとリズムを日曜日も維持する必要があるんだ」

ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) 2020年WRC第6戦イタリア

■TOYOTA GAZOO Racing WRT

●セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ2総合2番手

「6本のステージのうち、4本のステージで最速だったので、今日はかなり満足している」

「残念ながら他の2本のステージはそれほど良くなく、少しタイムを失ってしまいました。SS8は限界まで攻め切れず、その再走のSS10はかなりハードに攻めたが、ヘアピンでエンジンがストールし何秒かロスしてしまったんだ」

「それでも、全体的にはポジティブな1日だった。明日は2番手争いをしながら、トップの選手にプレッシャーをかけ続けるつもりだ。このようなトリッキーなステージでは、最後まで何が起きるか分からないからね」

セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第6戦イタリア

●エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ2総合4番手

「朝のループステージは全体的に悪くなく、大部分で良い走りをできた。ただし、SS9ではスムースに走ることを意識しすぎて少し慎重になってしまい、ハードに攻め切れずタイムを失った」

「そこで、午後の最初のステージでは、もう少し攻めてみたのだけど、かえって遅くなってしまったので、最後のステージはクリーンな走りに徹したよ」

「明日は、とにかく4番手を守ることが重要です。残されたステージは短く、自分より上の順位のライバルを捕えることは現実的ではないが、それでも最後まで戦い続けなくてはならないんだ」

エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第6戦イタリア

●カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)/リタイア

「2本目のステージの終盤、道幅が狭いセクションでコーナーイン側の障害物を避けようとしたところ、コーナリングラインが少しワイドになってしまった」

「まず外側の木にぶつかり、その衝撃で2本目の木にも当たった。クルマのダメージは大きく、明日は再出走することができない」

「今回は、シェイクダウンの時から明らかに自分達の週末ではなく、良くない流れだったね。昨日のトラブルは自分達の過ちによるものではなかったけれど、今日は自分のミスだ」

「残念ながら、非常に困難な週末になってしまった」

カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第6戦イタリア