オンラインでフェルスタッペンとアルボンに挑戦! 「Red Bull Beat The Pro」を10月14日〜11月1日に開催

「グランツーリスモSPORT」でタイムアタック

レッドブルは、2020年シーズンのF1グランプリに参戦する、マックス・フェルスタッペンとアレックス・ アルボンに「グランツーリスモSPORT」で挑戦できるオンライン・タイムアタックイベント「Red Bull Beat The Pro」を10月14日(水)〜11月1日(日)に開催する。また、今回は特別ゲストとしてFIA F2選手権に参戦する角田裕毅の参加も決まった。

1987年の初開催以来、毎年開催されてきた日本GPが、今年はキャンセルとなったことを受けて、「#RaceTogether」を合言葉に日本のモータースポーツファンや世界のファンに、楽しいレース参加の機会を提供するため、今回の企画が誕生した。

「Red Bull Beat The Pro」で使用されるレッドブルの限定カラーリングが施されたSF19

F1ドライバーの多くが楽しみにしている鈴鹿

「グランツーリスモSPORT」というフォーマットを介して、オンライン上で同一マシン、同一サーキットでF1ドライバーとベストタイムを競うことができるイベント「Red Bull Beat The Pro」。今回の開催について、フェルスタッペンは以下のようにコメントした。

「何よりも今は日本の素晴らしいファンの皆さんに会えないのが残念です。グランツーリスモで僕らのタイムに挑戦して、是非このイベントを楽しんでほしいですね。鈴鹿はコーナーも多く、ミスが許されないサーキット。個人的には鈴鹿でレースするのを毎年楽しみにしています」

「ファンと一緒にレースできる機会は滅多にないですし、本当に嬉しいです。特に今年は実際に会うことができないから、なおさらです。鈴鹿は僕のお気に入りのコースですし、ファンがどのようにこのサーキットを攻略するかを見るのが楽しみです」とアルボンもコメントしている。

「Red Bull Beat The Pro」で使用されるレッドブルの限定カラーリングが施されたSF19

限定カラーリングの「SF19」が登場

イベントへの参加方法は、開催期間中に「グランツーリスモSPORT」を起動し、「スポーツ」から「タイムトライアル」、続いて「Red Bull Beat The Pro」を選択し、タイムトライアルを開始して記録を残すこと。

今回、F1ドライバーたちが使用するマシンは、限定カラーリングが施された「SF19 Super Formula/Honda」。舞台となるのは、彼らがF1マシンを走らせるはずだった鈴鹿サーキットとなる。

3名のドライバーが事前にタイムアタックを行い、その様子は「参考タイム」としてTwitterのRed Bullモータースポーツ公式アカウント(@redbullmotorJP)にて近日公開する予定だ。