メルセデスがワンツー。ルクレールが3番手に続く【タイム結果】F1第11戦アイフェルGPフリー走行3回目

 2020年F1第11戦アイフェルGPのフリー走行3回目(FP3)が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4番手、アレクサンダー・アルボンは9番手となっている。

 ニュルブルクリンクで行われているアイフェルGPの金曜日は、天候不順による視界不良でメディカルヘリが飛べず、ドライバーらは2回のフリー走行を一度も走ることなくグランプリ初日を終えた。

 土曜日は晴れたものの気温は8度、路面温度は14度という非常に寒いコンディションで現地時間12時にセッションがスタート。開始とともに各車コースへと向かった。多くのドライバーがミディアムタイヤを装着しているが、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)、ルノーのエステバン・オコンとダニエル・リカルドはソフトタイヤ、ケビン・マグヌッセン(ハース)はハードタイヤだ。

 開始から10分、まずはフェルスタッペンがミディアムで1分28秒866をマークしトップに立つ。2番手にペレス、3番手にオコンが続く。フェルスタッペンやメルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは、早くも2セット目のミディアムを投入している。開始20分を迎える頃にはアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が2番手に浮上した。

 セッションの折り返しを迎え、各車2セット目、3セット目のタイヤを投入して走行を重ねる。フェルスタッペンとアルボンのワンツーで後半に突入したが、ソフトタイヤを履いたオコンが1分27秒634とトップタイムを更新した。

 後半になると全車がソフトタイヤを装着しランド・ノリス(マクラーレン)やリカルドがトップタイムを更新するが、フェルスタッペンがセクター1とセクター2で最速タイムを記録し、1分27秒071とトップタイムを塗り替える。

 残り時間20分を切り、今度はボッタスが1分26秒968をマークしトップに浮上。さらにボッタスは終盤に3セット目のソフトを投入し、自身のトップタイムを大きく更新する1分26秒225を記録した。

 結局ボッタスがトップのままセッションは終了。ハミルトンが2番手に順位を上げ、メルセデスがワンツーを築いた。3番手にシャルル・ルクレール(フェラーリ)がつけ、母国レースを迎えたチームメイトのセバスチャン・ベッテルが5番手。フェラーリ勢の間の4番手にフェルスタッペンが割って入り、アルボンは9番手となっている。

 なお、ランス・ストロール(レーシングポイント)は体調不良によりFP3には参加しなかった。

■2020年F1第11戦アイフェルGPフリー走行3回目 リザルト

Pos. No. Driver Team Time Laps
1 77 V.ボッタス メルセデス 1’26.225 25
2 44 L.ハミルトン メルセデス 1’26.361 27
3 16 C.ルクレール フェラーリ 1’26.681 25
4 33 M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’26.896 24
5 5 S.ベッテル フェラーリ 1’27.038 25
6 4 L.ノリス マクラーレン 1’27.167 29
7 11 S.ペレス レーシングポイント 1’27.245 25
8 3 D.リカルド ルノー 1’27.392 23
9 23 A.アルボン レッドブル・ホンダ 1’27.449 23
10 10 P.ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1’27.528 28
11 31 E.オコン ルノー 1’27.634 27
12 26 D.クビアト アルファタウリ・ホンダ 1’27.795 26
13 55 C.サインツJr. マクラーレン 1’27.924 29
14 7 K.ライコネン アルファロメオ 1’27.956 25
15 8 R.グロージャン ハース 1’28.115 27
16 20 K.マグヌッセン ハース 1’28.293 27
17 63 G.ラッセル ウイリアムズ 1’28.343 30
18 99 A.ジョビナッツィ アルファロメオ 1’28.370 25
19 6 N.ラティフィ ウイリアムズ 1’28.941 26