スーパー耐久:悪天候のため第2戦SUGOのGr-1の公式予選は中止に

 ピレリスーパー耐久シリーズ第2戦スポーツランドSUGOは10月10日、フリー走行と公式予選、さらにST-4/ST-5によるGr-2の決勝レースが予定されているが、9時15分からのGr-2公式予選は行われたものの、当初10時40分から予定されていたGr-1の公式予選は、悪天候により中止が決まった。

 スポーツランドSUGOで開催されているピレリスーパー耐久シリーズ第2戦。金曜の専有走行は曇り空の下、ドライコンディションで行われたが、東日本に接近する台風14号の影響により10月10日のSUGOは朝から雨模様。8時からのフリー走行に続き9時15分からスタートしたGr-1の公式予選は、ヘビーウエットのなかで行われた。

 そんななか、Aドライバー予選からコースアウトによる赤旗中断が相次いだほか、Bドライバー予選の途中から雨脚が強くなってしまう。10時40分からはST-X/ST-Z/ST-TCR/ST-1/ST-2/ST-3のGr-1の公式予選が行われる予定だったが、タイムスケジュールもずれ込み、雨脚も強くなったことからGr-1エントラントのミーティングが行われた。

 その結果、10時40分から予定されたGr-1の公式予選は中止となり、10月11日に予定されているGr-1の決勝レースは第1戦富士24時間の結果をもとにスターティンググリッドが決まることになった。なお、今回から参戦するエントラントは第1戦参戦チームの後方からのグリッドとなる。

 この中止決定の後のスポーツランドSUGOはやや雨脚が弱まり、13時10分からST-4/ST-5によるGr-1の決勝レースのフォーメーションラップがスタートした。

ピレリスーパー耐久シリーズ第2戦SUGOのフリー走行の様子
ピレリスーパー耐久シリーズ第2戦SUGOのフリー走行の様子
ヘビーウエットのためコースアウトするマシンも多く見られた。
ヘビーウエットのためコースアウトするマシンも多く見られた。