中上「周回を重ねるごとにラップタイムを更新できた」/MotoGP第10戦初日トップ3コメント

 MotoGP第10戦フランスGPのフリー走行1回目、2回目がフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、総合トップとなったジャック・ミラー(プラマック・レーシング)、2番手のマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、3番手の中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)が初日の走りを振り返った。

■プラマック・レーシング
ジャック・ミラー FP1:4番手/FP2:1番手

2020年MotoGP第10戦フランスGP ジャック・ミラー(プラマック・レーシング)
2020年MotoGP第10戦フランスGP ジャック・ミラー(プラマック・レーシング)

「とてもポジティブな1日だった。今日の結果に満足している。午前中の天気は複雑だったが、なんとかうまく行った。幸いなことに午後にはコースがドライとなり、その状況にうまく適応できた。自信を持ってライディングでき、マシンのフィーリングはすばらしかった。自分たちがやるべきことができたと思う」

■モンスターエナジー・ヤマハMotoGP
マーベリック・ビニャーレス FP1:6番手/FP2:2番手

2020年MotoGP第10戦フランスGP マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
2020年MotoGP第10戦フランスGP マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

「スリックタイヤではとても難しい状況だった。プッシュし続けようとしたが、いいタイムを記録するのは大変だった。最終的にいい方法をみつけ、暫定的だがQ2に進める位置をキープできてよかった。今日はポジティブで全体的にフィーリングがよかった」

「やるべきことはまだあるが、今日のコースコンディションでは100%プッシュできなかったので、マシンのセットアップが現状のままでいいのか、さらに変更が必要なのかはわからない。でも、ウエットでもドライでも速く走ることができている。これはとても重要。明日は天気がいいことを望む。このコースは好きだし、ベストをつくしたいので、天気がよければもっとプッシュできると思う」

■LCRホンダ・イデミツ
中上貴晶 FP1:17番手/ FP2:3番手

2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)

「FP2の最終ラップの最終セクターでブレーキングで少しミスし、ラインを外してウエットパッチに乗ってしまい、フロントを失ってしまった。チームの仕事を増やしてしまい申し訳ないことをしました。マシンのフィーリングはよく、特にFP2ではよかった。フルウエットのFP1でも悪くはありませんでした。FP2では序盤の15分くらいはピットで待機し、路面が乾くのを待って、残り30分をスリックタイヤで走り、このコース、このコンディションでは、特に左コーナーでの転倒のリスクが高いので慎重に走りました。至るところでイエローフラッグが振られていて、左コーナーのグリップに気を付けました。周回を重ねるごとにラップタイムを更新できて、いい初日でした。この調子をレースウイーク中もキープしたい」