WRC:第6戦イタリアのシェイクダウンはタナクとエバンスが最速。ロバンペラは横転

 WRC世界ラリー選手権は10月8日、イタリア・サルディニア島で第6戦イタリアが開幕。同日にシェイクダウンが行われ、オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)と選手権リーダーのエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が同タイムでトップを分け合った。

 シーズン残り2戦となり、タイトルを争うなかで重要な1戦となるラリー・イタリア・サルディニア。その戦いに向けた最終チェックの場となるシェイクダウンが全長3.79kmのグラベル(未舗装路)で行われた。
 
 道幅が狭くテクニカルなステージで速さをみせたのは、WRC連覇を狙うタナクだった。今季ヒュンダイに移籍したエストニア人は2本目のランで全体トップに躍り出ると3度目の走行でさらにタイムを伸ばし2分13秒6をマークしてみせる。
 
 これに対して、前戦トルコでシーズン2勝目を飾り選手権リーダーとしてイタリアに乗り込んできたエバンスは、3度の走行でのベストタイムは3分15秒6と振るわなかったものの、4度目に2分13秒6を記録。タナクと同タイムをマークしてタイミングシート2列目に食い込んだ。

 明日のデイ1では出走順が1番となるエバンスは走行後、「今回はタフなラリーになるだろう。シェイクダウンのステージはルーズな路面でグリップレベルがかなり低かったが、全体的なフィーリングは問題ない」と語った。

 タナク、エバンスに続く3番手にはセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が0.8秒差続き、前年ウイナーのダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)が2分14秒7で4番手につけている。
 
 ヒュンダイのピエール・ルイ・ルーベ、ティエリー・ヌービルが5、6番手。7番手以降はエサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)とガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)が続き、10番手のテーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)の直前にトヨタ育成の勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)が2分16秒1というタイムで9番手に食い込んでいる。

 11番手となったカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)は1走目で当時の全体ベストタイムとなる2分18秒5を記録した。しかし、フィニッシュゲートを超えた直後にコースオフ。マシンは横転し、この日の走行を終了せざるを得なくなった。
 
 20歳のロバンペラはWRC.comに対し、「走りは良かったし、マシンのフィーリングも良かった。しかし、フィニッシュラインの通過直後にミスを犯した」と述べた。

「実際、僕のメモは少し間違っていて、もう少し早くブレーキを掛け始める必要があった。幸いクルマは大丈夫そうだ。明日からのラリーがうまくいくことを願っているよ」

エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
エサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
エサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC) 2020年WRC第6戦イタリア

■ピレリのタイヤ開発車&シェイクダウン結果

 TOYOTA GAZOO Racing WRTのスポークスマンによれば、ロバンペラのマシンのダメージは軽度であり、一晩で修理され9日のデイ1には出走できるという。

 このシェイクダウンでは、2021年からタイヤサプライヤーを務めるピレリタイヤの新型ラリータイヤを装着したシトロエンC3 WRCがステージに登場した。

 ステアリングを握ったアンドレアス・ミケルセンは「ピレリタイヤを紹介し、楽しむためにここにいる」と語り、「日曜日にはペター(・ソルベルグ)のコドライバーにもチャレンジする。それは非常に興味深いことだ!」と続けた。
 
 WRC第6戦イタリアの競技初日、デイ1はSS1~6の合計6ステージで争われる。6本のSSの合計距離は86.25kmだ。

ピエール・ルイ・ルーベ(ヒュンダイi20クーペWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
ピエール・ルイ・ルーベ(ヒュンダイi20クーペWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
ピレリ開発車のシトロエンC3 WRC 2020年WRC第6戦イタリア
ピレリ開発車のシトロエンC3 WRC 2020年WRC第6戦イタリア
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第6戦イタリア
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第6戦イタリア

■2020年WRC第6戦イタリア シェイクダウン結果

Pos. No. Driver Machine Time
1 8 O.タナク ヒュンダイi20クーペWRC 2’13.6
2 33 E.エバンス トヨタ・ヤリスWRC 2’13.6
3 17 S.オジエ トヨタ・ヤリスWRC 2’14.4
4 6 D.ソルド ヒュンダイi20クーペWRC 2’14.7
5 7 P-L.ルーベ ヒュンダイi20クーペWRC 2’14.9
6 11 T.ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC 2’15.2
7 4 E.ラッピ フォード・フィエスタWRC 2’15.3
8 44 G.グリーンスミス フォード・フィエスタWRC 2’15.4
9 18 勝田貴元 トヨタ・ヤリスWRC 2’16.1
10 3 T.スニネン フォード・フィエスタWRC 2’16.2
11 69 K.ロバンペラ トヨタ・ヤリスWRC 2’18.5

※リザルトは編集部集計