マクラーレンF1、風が影響するニュルブルクリンク戦でのマシンの弱点露呈を懸念

 10月9日から11日にドイツ・ニュルブルクリンクで開催されるアイフェルGPについて、ほとんどのチームとドライバーは、気温の低さを懸念している。しかしマクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、風の影響についても危惧しているという。マクラーレンの2020年型マシンは風に非常に敏感であるためだ。

「我々にとっては風のコンディションの方が、マシンパフォーマンスに大きな影響を及ぼす。気温は必ずしも問題ではない。風の状態を予測するのは難しい」とザイドルは語った。

「路面温度が低い場合、最終的にはタイヤの挙動次第ということになる。ただ、それは全チームが抱える課題だ」

「予測という点で言えば、現時点で、我々のいる中団では激しいバトルが展開されており、予想するのは極めて難しい」

「マシンのスイートスポットを探り当てる必要がある。それができていればコンマ1秒速く走れる。そうでなければコンマ1秒遅くなり、予選で6番手になる代わりに突然12番手になることもあるのだ」

「見ている人々にとっては面白いだろうが、我々にとっては時に大きな頭痛の種になる。自分たちが何番手を獲得するのか、ほとんど予想できないのだから」

「冬季テストをバルセロナで行う際には、朝は路面温度が摂氏10度以下になる。タイヤのグリップがあればマシンは性能を発揮できるので、気温は最大の問題ではないと思う。我々は風の変化の方に苦しめられるだろう。我々のマシンのパフォーマンスに大きく影響するだろうからね」

 マクラーレンの2019年型マシンもまた風に敏感だったため、テクニカルディレクターを務めるジェームズ・キーとエンジニアたちは、この問題にすでに取り組んでいる。

「これは昨年からすでに我々が抱えている問題で、今季のマシンでは進歩が見られていると思う」とザイドルは語った。

「だがさらなる改善を目指す上で、このことは間違いなくジェームズたちの最優先事項のひとつであるといえる。(風によって)マシンは競争力は非常に高い状態から低い状態へと、あっという間に変化してしまう。腹の立つことだ……」

「問題自体は単純かもしれないが、解決するのはとても難しい、複雑な課題だ」