実は初優勝だった! 観客動員の第5戦富士でGT300優勝のリアライズ 日産自動車大学校 GT-R【SUPER GT 2020】

■オープニングラップからいきなりセイフティーカー!

10月4日午後、静岡県の富士スピードウェイでえ開催された2020 AUTOBACS SUPER GT第5戦『たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE』の決勝レース。

今年はコロナ禍の影響で、前戦のもてぎまで4戦が無観客での開催となりましたが、この第5戦は大会運営・サーキット関係者・チーム関係者・サプライヤーそして筆者も含めたメディア関係者など、総勢約1500名という大規模なPCR検査でサーキットのパドックにいる全員が新型コロナウイルス感染症において陰性であるとした上で、入場人数の制限などがあるものの観客動員による開催を実現しました。

第5戦富士のスタート
第5戦富士のスタート

そんな第5戦富士の決勝レースが、観客の見守る中の13時30分にフォーメーションラップからスタートしました。

順調に切られたかに見えたスタートですが、GT500クラスのマシンがTGRコーナーで接触。一台がボンネットを吹き飛ばす!というアクシデントでスタート周からセイフティーカー(SC)が導入されてしまいます。

ポールポジションのADVICS muta MC86
ポールポジションのADVICS muta MC86

SCが解除される順位の入れ替えはありません。しかしSC解除の5周目からレースは揺れ動きます。56号車リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rがガンガン前に出てきます。

攻めまくるリアライズ 日産自動車大学校 GT-R
攻めまくるリアライズ 日産自動車大学校 GT-R

6番手スタートだったリアライズ 日産自動車大学校 GT-RはSC解除後すぐに4番手浮上。そして9周目に61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTを抜いて3番手。15周目にはなんと6号車 ADVICS muta 86MCを抜いてトップに躍り出ます。

■明暗を分けたタイヤ交換の本数

リアライズ 日産自動車大学校 GT-R
リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rのドライバー交代

21周を過ぎたころに徐々にピットインが始まっていき、ドライバー交代とタイヤ交換が行われます。序盤でトップを走ったリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rは29周目にピットインし、タイヤは4本を交換します。

33周目までピットインを遅らせる作戦をとった52号車 埼玉トヨペットGB GR Supra GTはタイヤ無交換作戦に出ます。

埼玉トヨペットGB GR Supra GTと LEON PYRAMID AMG
埼玉トヨペットGB GR Supra GTと LEON PYRAMID AMG

トップの52号車はタイヤ無交換ではタイムが伸びません。アウトラップでは10秒近くあったリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rとのアドヴァンテージですが毎周1秒単位で削られていきます。

そしてリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rは47周目のTGRコーナーでついに埼玉トヨペットGB GR Supra GTを抜き去りトップへ!

後続を引き離すリアライズ 日産自動車大学校 GT-R
後続を引き離すリアライズ 日産自動車大学校 GT-R

トップとなったリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rはその後もペースを緩めずに後続を引き離していきます。

リアライズ 日産自動車大学校 GT-R優勝の瞬間
リアライズ 日産自動車大学校 GT-R優勝の瞬間

そしてゴール!

優勝を喜ぶ藤波選手と近藤監督
優勝を喜ぶ藤波選手と近藤監督

2019年もシリーズランキング6位でポイントの取りこぼしが1レースしかない強い印象があったリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rは、GT300クラス参戦2年目にして実は初優勝。

リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rのドライバーと監督
リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rのドライバーと監督

オリベイラ選手にとってもGT300での初優勝。そして藤波選手はは2019年第5戦富士500マイル以来1年ぶりの優勝となりました。

ARTA NSX GT3
ARTA NSX GT3

2位には、2位争いをする埼玉トヨペットGB GR Supra GTと LEON PYRAMID AMGの隙をついて2台抜きで上り詰めた55号車 ARTA NSX GT3。

LEON PYRAMID AMG
LEON PYRAMID AMG

3位にはLEON PYRAMID AMGが入り、シリーズランキングトップに躍り出ました。

第5戦富士GT300表彰式
第5戦富士GT300表彰式

この第5戦でシリーズランキングが大きく変動し、この先の残り3戦のチャンピオン争いに大きな影響を与えたようです。

次戦の鈴鹿は10月24~25日に観客動員で開催されます。販売枚数は限られてしまいますが、行ける方はぜひ現地で応援をしてみましょう。

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩)