韓国最大のミニバン「スタレックス/H1」次期型、最新鋭コックピット見えた!

■最大12人乗り、「サンタフェ」「ツーソン」と同様のスプリットタイプのヘッドライトを装備

韓国・ヒュンダイが販売するミニバン「スタレックス/H1」次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

ヒュンダイ スタレックス/H1_006
ヒュンダイ スタレックス/H1 次期型プロトタイプ

H1は、同社が販売する商用車から派生したミニバンです。ミニバン以外にもマイクロバス、タクシー、救急車などの豊富なモデルがラインアップされています。

初代は1997年に登場、現行モデルとなる2代目は2007年から販売されており、乗用車タイプは、8・9・11・12人乗りを設定、韓国内では「グランド・スタレックス」の車名が与えられています。

ヒュンダイ スタレックス/H1_004
ヒュンダイ スタレックス/H1 次期型プロトタイプ

捉えたプロトタイプはかなり厳重なカモフラージュをまとい、ディテールは不明です。

しかし、車両のほぼ全幅に広がるように見えるワイドグリル、バンパーの下には、「サンタフェ」「ツーソン」と同様のスプリットタイプのヘッドライトを装備しているように見えます。

また目立つホイールアーチ、三角のフロントクォーターウィンドウが見てとれるほか、フロントオーバーハングが現行型より短く、窓は大きく視界が向上、キャビン内も拡大されている様子がうかがえます。

ヒュンダイ スタレックス/H1_008
ヒュンダイ スタレックス/H1 次期型プロトタイプ

大きな窓のおかげで、そのコックピットを見ることができます。そこにはフローティング・インフォテイメントシステム、再配置されたダッシュボード、空調ベントのレイアウトを確認できます。

パワーユニットに関する情報はありませんが、新世代では、ハイブリッドなど電動化されることが噂されています。

(APOLLO)