3万人が来場したソチの新型コロナ対策には不満も。F1ドライバーのガールフレンドが検査で陽性に

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、最近レッドブルに所属するドライバーのガールフレンドが新型コロナウイルスの検査を受け、陽性となったと述べている。

 マルコはどのドライバーのパートナーかということや、レッドブルとアルファタウリのどちらに所属しているドライバーであるかについては明かさなかった。しかし彼は多くの人々がパドック外でマスクをしていなかったことなど、気のゆるみが見られていたソチでの状況を心良く思っていない。

「パドックの外でマスクをして歩いている人はほとんどいなかった」っとマルコは『SpeedWeek』に話した。

「我々のドライバーのガールフレンドが感染したが、彼の方は感染していなかった。また別の人物は3人の陽性者がいたパーティーに出席していたが、感染はしていなかった」

 ハースのロマン・グロージャンも、F1第10戦ロシアGPが行われたソチ・オートドロームのパドック外側の周囲は安全とは感じなかったと不満を漏らし、ホテル内とその周辺でマスクを着用している物はほとんどいなかったと述べた。

 ロシアGPはファンをグランドスタンドに迎え入れた今年初めてのレースであり、レース当日は約3万人が観戦した。

 F1は先週、F1コミュニティのメンバー10人が最近の検査で新型コロナウイルス陽性になったことを認めた。しかしこれらのケースと、ソチで一般市民がレースを観戦したこととの関連性はなかった。

 2020年シーズン開幕戦となったオーストリアGPの直前からF1による新型コロナウイルス検査が行われるようになった。約5万件のコロナウイルスの検査が実施され、26件の感染者が確認された。

 なかでもレーシングポイントのセルジオ・ペレスは最も注目を集めたケースだった。ペレスはシルバーストンでの第4戦イギリスGPを前に検査で陽性となり、症状はみられなかったものの10日間隔離されることになった。

2020年F1第10戦ロシアGP ソチ・オートドローム
2020年F1第10戦ロシアGP 決勝日のグランドスタンドの様子。この日は3万人の観客が入場したという