新型『BMW 5シリーズ』に早くもふたつの“M”が誕生。『M5』『M550i xDrive』を追加

 登場から3年にして大規模な改良が施された7代目『BMW 5シリーズ』に、本格的なサーキット走行を可能とするMハイパフォーマンス・モデルの『M5』と、走行性能を高めたMパフォーマンス・モデル『M550i xDrive』のふたつの“Mモデル”が早くも登場。9月29日より発売が開始されている。

 BMWの高性能車両を手がけるBMW M社は、近年のモデルラインアップでそのバリエーションを拡充してきたが、今回のモデルはサーキットを見据えた最高峰たる“M”と、そのエッセンスを取り入れた“通常ラインの高性能版”との棲み分けになる。

 注目の新型『BMW M5』は、最高出力600PS/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-5600rpmを実現するV型8気筒Mツインパワー・ターボに、ドライブロジック付き8速Mステップトロニックと後輪駆動を優先した4輪駆動システムM xDriveを組み合せ、「そのパワーを最も効率的に引き出し路面に伝達することが可能なレーシング・モデル」と謳われる。

 近年のBMW Mの特徴でもあるエンジンレスポンス、ステアリング、サスペンション特性をドライバーが任意に設定変更できる機能に、新たにブレーキシステム設定の変更が追加され、同じく新システムとしてセンターコンソールに“M MODE(Mモード)”ボタンも設定。これによりメーターパネルやヘッドアップ・ディスプレイの表示方法や、運転支援システムの介入レベルをROAD(ロード)、SPORT(スポーツ)のいずれかのモードに変更することが可能となった。

 前者は基本設定としてすべての運転支援システムが有効になり、対する後者はドライバーが任意に設定した情報に基づいて、前車接近警告および衝突回避・被害軽減ブレーキを除くすべてのブレーキやステアリング・システムへの介入を無効にする設定が選択可能となる。

 標準装備となるM専用インテグレーテッド・ブレーキ・システムは、アクセル全開時の高負荷条件下でも優れた安定性を実現するように開発され、制御系の各機能をコンパクトに統合し、非バキューム式のブレーキブースターを採用することで約2kgの重量削減を実現。その液圧は電動アクチュエーターによって生成され、より素早く正確な制御が可能となっている。

ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能など、ベースモデルの最新ADAS系も網羅されている
ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能など、ベースモデルの最新ADAS系も網羅されている
最高出力600PS/6000rpm、最大トルク750Nm/1800 -5600rpmを実現するV型8気筒Mツインパワー・ターボを搭載
最高出力600PS/6000rpm、最大トルク750Nm/1800 -5600rpmを実現するV型8気筒Mツインパワー・ターボを搭載

■最高出力625PSを誇る『BMW M5 Competition』も設定

 さらに、インテグレーテッド・ブレーキ・システムによってドライバーは任意に車両の減速度を調整することが可能となり、2種類のペダルモードの設定で車両を減速させるのに必要なペダル踏み込み量を変更でき、あらゆる状況でドライバーが思い描くフィーリングを得ることもできる。

 こうした基本性能をベースに、そのほかのMシリーズと同様によりアグレッシブなスポーツ走行を想定した『BMW M5 Competition(コンペティション)』も設定され、最高出力を625PS/6000rpmまで高めた専用チューンのV8は、車両構造部との接続部をより強固にする、極めて硬い専用のエンジンマウントを採用し、より直接的な動力伝達が可能に。

 さらにM5では初採用のMモード・ボタンでは、ロード、スポーツに加えて、運転支援システムの快適性と安全性に関する全ての機能が無効になる“TRACK(トラック)”モードが備わり、エクステリアでもハイグロス・ブラックのキドニー・グリルとモデル・バッチ、ドアミラー、リヤスポイラーが装備され、よりアグレッシブなデザインとなっている。

 そうしたエッセンスを通常のカタログモデルに注入した『M550i xDrive』では、最高出力530PS/5500rpm、最大トルク750Nm/1800-4600rpmを発生する4.4リッターのV8を搭載。全輪駆動制御のBMW xDriveやMアダプティブ・サスペンション、Mディファレンシャルによって悪路でも安定したコントロールとスポーティな走りを実現。そしてMパフォーマンス・モデル専用色となるセリウム・グレーをキドニー・グリル、エア・インテーク、エア・ブリーザー、ミラー・キャップに採用することで、通常モデルとは一線を画した存在感と個性が演出されている。

 デリバリーはこの10月以降から順次予定され、価格はM550i xDriveが1319万円、M5が1792万円、そしてM5 コンペティションが1877万円(いずれも消費税込)となっている。車両の詳細はBMWの公式ホームページ(https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m5-sedan/2020/bmw-5-series-sedan-m-automobiles-highlights.html)まで。

新システムの“M MODE(Mモード)”ボタンやインテグレーテッド・ブレーキ・システムなど、可変デバイスを数多く備える
新システムの“M MODE(Mモード)”ボタンやインテグレーテッド・ブレーキ・システムなど、可変デバイスを数多く備える
最高出力530PS/5500rpm、最大トルク750Nm/1800-4600rpmを誇る『M550i xDrive』も登場
最高出力530PS/5500rpm、最大トルク750Nm/1800-4600rpmを誇る『M550i xDrive』も登場