【F1サーキット巡り】市販車開発の聖地。世界最長を誇り、レース愛好家たちの集まるニュルブルクリンク

 コロナ禍のなかで7月から新たなシーズンを戦っている2020年のF1。本来であれば、今週末の10月9日から開催されるはずだった鈴鹿サーキットでの日本GPは、今年は中止となった。その日本GPの代わりに、10月9日から11日までドイツ・ニュルブルクリンクで開催されることとなったのが、アイフェルGPだ。

 アイフェル(Eifel)とは、ドイツ西部からベルギー東部にかけて広がる山陵地帯だ。そのなかのトリアー(ドイツ最古の都市)とコプレンツ(ライン川とモーゼル川の合流地点)の間にはアイフェル火山群が存在しているように自然豊かな場所で、国立公園にも指定されている。そのアイフェル山陵地帯のなかで2番目に高い山がニュルブルク(678m)で、黒い(niger=ニュル)玄武岩でできたこの山に城(burg=ブルク)が建てられたことが、この村の語源となったと言われている。

F1サーキット巡り
ニュルブルクリンクの位置するアイフェル。ドイツ西部からベルギー東部にかけて広がる山陵地帯となっている

 そんな自然豊かな場所にあるニュルブルクリンクには、ドイツ最大の規模を誇り日本から多くの直行便が飛んでいるフランクフルト空港から約200kmあり、車だと約2時間半、最寄りの国際空港であるデュッセルドルフ空港からでも約100kmなので車で約1時間半はかかる。

 ニュルブルクリンクには、F1が開催される1周約5.148kmの『グランプリコース』と、1927年に作られた1周20km以上もあるオリジナルの『北コース』(ノルトシュライフェ)と2種類ある。もともとF1も1970年代までは北コースにスタートフィニッシュ区間を追加したレイアウトで行われていたが、1976年にニキ・ラウダがレース中に瀕死の大クラッシュに見舞われたため、以後、F1では使用されなくなった。

F1サーキット巡り
青い線で囲った部分が北コースで、赤い線で囲った部分がグランプリコース

 その後、南コースのスタート・フィニッシュ区間を残して改修して1984年に作られたのがグランプリコースだ。北コースも、安全性を向上させるための改修工事が何度か行われ、いまでもニュルブルクリンク24時間レースなどの多くのレースが開催されているほか、市販車の新車開発の聖地として、多くの自動車メーカーがここでテスト走行を行っている。なお、改修工事によって、現在のノルトシュライフェの全長は若干短くなって20.832kmとなったが、それでも世界最長を誇り、コーナー数は73もある!!(右/40、左/33)

F1サーキット巡り
DTMドイツツーリングカー選手権も開催されている
F1サーキット巡り
毎年開催されているニュルブルクリンク24時間レース

 ちなみに北コースは、レースやテスト走行などのイベントがない日は一般開放もされていて、指定の金額を支払えば、1周からでも走行することができ、レースが行われていない日でも多く車が走っている。F1サーキット巡り

F1サーキット巡り
北コースは、レースやテスト走行などのイベントがない日は一般開放されている

 筆者も走行したことがある。運転した車はまったく改造していない通常の市販車だったが、走りに来るドライバーの多くはレース用に改造した車だったり、改造していなくともポルシェなどのスポーツカーやライディングスーツに身を包んだライダーなどの走り屋ばかりで、1周のうちに何度もオーバーテイクされてしまった。

F1サーキット巡り
一般開放されたニュルブルクリンクを走行する人々
F1サーキット巡り
一般開放されたニュルブルクリンクを走行する人々
F1サーキット巡り
一般開放されたニュルブルクリンクを走行するライダー

 その数年後に、筆者はかつてスパイカーでF1を戦ったことがあるマルカス・ビンケルホック運転するメルセデスの市販車に同乗させてもらったことがあるが、あまりのスピードの違いに驚いたものだ。

F1サーキット巡り
北コース名物のカルーセルを攻め続けるマルカス・ビンケルホック

 サーキットはその後、ホテルやイベントホール、アミューズメント施設、ショッピングモールなどが隣接する複合施設へと生まれ変わった。また最終コーナーのアウト側にもホテルが隣接されており、宿泊施設は充実している(ただし、2013年以降、F1が開催されていないため、現時点ですべてのホテルが経営されているかどうかは不明)。

F1サーキット巡り
ホテルやイベントホール、アミューズメント施設、ショッピングモールなどが隣接する複合施設に
F1サーキット巡り
最終コーナーのアウト側にもホテルが建っている

 サーキット周辺にはほかにも古くからニュルブルクリンクを見守り続けてきた多くのペンションがあり、レース好きはみな、こちらで盛り上がるのが常だった。

 今年のアイフェルGPは、2013年以来、7年ぶりにニュルブルクリンクで開催されるF1。多くのレース愛好家たちが集結するに違いない。

F1サーキット巡り
ニュルブルクリンク周辺のペンション。レース愛好家たちが集まって盛り上がっている
F1サーキット巡り
ニュルブルクリンクに集まるレース愛好家たち