「GRスープラにトラクション命の車高調はいかが?」HKS渾身のドラッグダンパー登場

ハイパーマックスMAX-Ⅳ SP DRAGが誕生

トラクションを逃さない直線番長系車高調!

ローンチコントロール機能を搭載し、俊敏なゼロスタートを可能にしているGRスープラ。しかし、純正サスペンションはフロント荷重を残すセッティングとなっているため、その機能を100パーセント使いこなすことは難しい。

そこで、HKSでは純正サス以上のトラクション性能を確保し、駆動輪にかかった荷重を維持したまま加速できる直線番長用の車高調を開発。それが『ハイパーマックスMAXⅣ SP DRAG』だ。

全長調整式を採用し、車高を変更せずにストローク配分(バンプタッチタイミング)の調整を可能にしている点も見逃せない。つまり、リヤショックのケース長を短くしてバンプタッチタイミングを遅らせ、後傾姿勢を強くするようなセットアップも狙えるのだ。

フロントダンパーは高剛性を誇るHKS伝統の倒立式を採用。減衰力は30段階の調整範囲だ。キットに含まれるフロントスプリングは直巻で自由長200mm、レートは6kg/mmだ。

フロントはロワ差し込み式のストラット形状のため、通常のストラット形状のようにロワ側でキャンバー調整することができない。そこで、アッパーをスライドピロ式にして、純正から1度程度の調整範囲を用意している。

一方のリヤアッパーマウントは、レーザーマーキングを施したアルミ削り出しによる逸品だ。減衰力の調整ダイヤルはアッパー下部に設置している。リヤスプリングは直巻で自由長250mm、レートは10kg/mmとなる。

また、さらなるハイパワー化やハイグリップ化にも対応できるよう、リヤにはサブスプリングとして作用するバンプラバーをセットしているのも大きな特徴だ。

この車高調の価格は34万円、対応車種はGRスープラRZ。生粋のドラッガーはもちろん、愛車にさらなるトラクション性能を与えたいオーナーは、ぜひチェックしていただきたい。

●問い合わせ:エッチ・ケー・エス 静岡県富士宮市北山7181 TEL:0544-29-1235