ピレリ、マクラーレンの最速モデル・765LTのハイパフォーマンスを支える専用タイヤ「P Zero Trofeo R」を発表

Pirelli P Zero Trofeo R

ピレリ Pゼロ トロフェオR

サーキットの高性能と公道での安全性能を両立

ピレリは、「マクラーレン 765LT」へ独占供給される新型タイヤ「P Zero Trofeo R」を発表した。今回、マクラーレン市販モデル史上最速を謳うロングテールのサーキット走行用タイヤに、P Zero Trofeo Rが選ばれた。

P Zero Trofeo Rの開発においては、特にドライコンディションのサーキットにおいて最大限のパフォーマンスを提供するという命題が課された。サーキットでの走行会イベントやトラックデイ向けの高性能タイヤでありながら、公道走行も認められている。

マクラーレン 765LTの高いパフォーマンスに応えるべく、ピレリの研究開発部門はマクラーレンと共にP Zero Trofeo R の性能に磨きをかけた。また、サーキット走行を希望しないドライバーには通常の「P Zero」も用意されている。

マクラーレン765LT専用に開発された「P ZERO TROFEO R」

マクラーレン市販モデル最速を実現するために

マクラーレン 765LTに搭載される4.0リッターV型8気筒ツインターボは、最高出力765ps・最大トルク800Nmを発揮。専用設計されたP Zero Trofeo Rが、この強大なパワーをしっかりと路面へと伝える。

ピレリのエンジニアは、マクラーレン 765LTからの要求を満たすべく、タイヤの構造やプロファイル開発に取り組んだ。特にドライ路面においてタイヤの接地面積を増やしグリップ力を高め、トラクションを向上させることに成功した。

目標を達成するためのもうひとつの基本的な要素として、トレッドパターンがある。P Zero Trofeo Rのトレッドパターンは、直線とコーナーの両方で可能な限り高い走行安定性能を確保するように設計されており、制動距離を短縮させ、横方向のグリップを最大化した。

車両の持つ革新的な性能と専用設計タイヤの性能が調和した結果、マクラーレン 765LTは同車の市販車史上最速でサーキットを周回することが可能になった。

マクラーレン765LT専用に開発された「P ZERO TROFEO R」

ピレリとマクラーレンの密接なコラボレーション

マクラーレン 765LT専用開発されたP Zero Trofeo Rは、ピレリとマクラーレンの長年のコラボレーションから生まれた最新のタイヤとなる。開発には、両社がモータースポーツから得た幅広い知識や経験が存分に活かされている。

車両はすべてサイドウォールに「MC」マークが刻印されたピレリタイヤを装着し、マクラーレン・プロダクション・センターからデリバリー。このマーキングは、特定のクルマ向けにカスタマイズされたタイヤが装着された証となる。

また、一部のサイズには、車内の音響快適性を確保するために「PNCS(ピレリ・ノイズキャンセリング・システム)」など、ピレリの最新テクノロジーが採用されている。