2019年コンストラクターズ選手権3位のレッドブルF1、年間で費やした予算は約321億円

 昨年レッドブル・ホンダは、メルセデスとフェラーリにつぐコンストラクターズ選手権3位を獲得するするのに、3億484万ドル(約321億円)を費やした。なお2018年のレッドブルのコストは、3億873万ドル(325億円)だった。

 明るいニュースとしては、『Reuters』によればチームは昨年79万6000ドル(約8400万円)の利益を上げたという。これらの数字には、ホンダがパワーユニットや関連プロジェクトに費やした金額は含まれていない。

 だがすべての大規模チームと同様にレッドブル・ホンダも、2021年に導入される1億4500万ドル(約153億円)の予算制限に合わせるために予算の大幅カットを行う事になる。

「コストは引き続き管理されており、チームは2021年より施行されるFIAの財務規則への適応に必要な点について留意している」とチーム代表のクリスチャン・ホーナーは語った。

 コスト制限には、ドライバーへの報酬、給与が最も高い3名の従業員への給与、マーケティング、ホスピタリティ、広報に関するコストは含まれていない。つまり2021年にレッドブルと他の大規模チームは、1億4500万ドル(約153億円)を超える支出が可能だ。

 しかしながら、予算制限は2022年には1億4000万ドル(約147億円)に、2023年から2025年には1億3500万ドル(約142億円)にまで減額される。レッドブルのような大規模チームは支出をカットしなければならなくなるが、一方で小規模チームはそこまで予算を増やす余地があるわけだ。

2020年F1第5戦70周年記念GP マックス・フェルスタッペンによりレッドブル・ホンダが今季初優勝
2020年F1第5戦70周年記念GP マックス・フェルスタッペンによりレッドブル・ホンダが今季初優勝