10月14日デビュー決定。アキュラ「MDX」次期型、クーペルーフへ大胆に進化

■スポーティなエアインテーク、ラップアラウンドLEDテールライトなど装備

ホンダが海外市場で展開する高級ブラド「アキュラ」は、10月14日にクロスオーバーSUV『MDX』新型をワールドプレミアすること発表。ティザーイメージとティザームービーを初公開しました。

アキュラ MDX_004
アキュラ MDX 新型ティザーイメージ

MDXは「ラグレイト」をベースに開発され、2001年に初代がデビュー。日本では「ホンダMDX」として導入されました。2006年には第2世代が発表されましたが、日本への導入はされませんでした。

現行モデルの第3世代は、2013年のデトロイトモーターショーで初公開されており、今回は7年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

アキュラ MDX_001
アキュラ MDX 新型ティザーイメージ

新型モデルでは、ジュエルアイLEDヘッドライトを採用。公開された画像からは、スポーティなエアインテーク、新ダイヤモンドペンダゴングリルなどが見てとれます。また動画では、パノラマルーフ、鋭いベルトライン、ラップアラウンドLEDテールライトを装備している様子も確認できます。

「TLX」と共有するプラットフォームにより、低く長いボディ、クーペルーフなどボディスタイルへと刷新、「デザイン、パフォーマンス、テクノロジー、職人技」の新しいレベルを導くことを約束するものだといいます。

パワートレインもTLXから流用される2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載。最高出力276ps・最大トルク370Nmを発揮、オプションのスーパーハンドリング全輪駆動システムとペアリングできる10速ATと組み合わされます。

さらに上位モデルには、3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力360ps・最大トルク480Nmを発揮する「タイプS」が設定されます。

(APOLLO)