次世代高級車のインテリア素材はゴミから生まれる? ジャガー ランドローバーが開発する次世代の内装材とは

これからの高級車に求められる視点

高級車のものづくりは変わろうとしている。稀少な資源を惜しみなく投じることが贅沢だった時代は過去のものとなり、創意工夫をこらして高級とエコを両立することが求められるようになってきた。ジャガー ランドローバーもいま、これからの高級車にふさわしい次世代内装材を現在開発している。

次世代の高品質内装材の開発にあたり、タッグを組んだのは合成繊維業界大手の伊アクアフィル社。同社は世界中でナイロン廃棄物を回収しており、年間4万トンの廃棄物を合成ナイロン糸「ECONYL(エコニール)」として再生している。

ゴーストネットのイメージ

「ゴーストネット」を回収し再生

再生工業用プラスチック、衣料品メーカーの生地の切れ端、海洋生物に甚大な被害を及ぼしている「ゴーストネット(海に遺棄された漁網やロープ)」などは、最先端の処理センターで分析。化学処理工程を通して非ナイロンや金属、硫酸銅といった副産物を除去したうえで原料に分解する。

ナイロンを石油精製から作り出すのに比較して、再生工程で使用する原油量を大幅に削減。原油量や炭素排出量から換算すると、地球温暖化への影響を90%低減することになるという。

再生ナイロン糸ECONYLのイメージ

まずはフロアマットやトリムへの採用から

ECONYLは石油精製したナイロン糸と同等の特徴をもち、カーペットや床材、繊維製品に加工することが可能。すでに高級ファッションやスポーツウェア、時計などのブランドが採用している。

ジャガー ランドローバーは現在、「ゼロ エミッション」、「事故ゼロ」、「渋滞ゼロ」を実現するべく「Destination Zero」なるコミットメントを掲げている。その活動の一環として、今後このECONYLをフロアマットやトリム材に採用していく計画だ。

再生ナイロン糸ECONYLの原料イメージ

ゼロ エミッションに繋がる一歩

インテリア システム担当シニア エンジニアのエイドリアン・ルイズは次のように語っている。

「我々のデザイナーやエンジニアは、将来のジャガー及びランドローバーに採用するべく、革新的な技法とテキスタイルを採用した次世代のサステナブルな素材の開発に挑んでいます。廃棄物を最小限に抑え、材料を再利用して炭素排出量を削減することはミッション『Destination Zero』の中核を成す取り組みといえます」

ランドローバー レンジローバー ヴェラールのシートイメージ

現在ランドローバーは、レンジローバー イヴォークの内装材としてユーカリを用いたテキスタイルを採用中。また、イヴォークに加えて、レンジローバーやジャガー I-PACEには1台あたり53本分のリサイクルプラスチックと再生ポリエステルを使用したスウェードクロスを用いた素材もラインナップしている。