「圧迫感は一切無し!」S660オーナー待望のリヤ4点式ロールバー爆誕

最小限の内装カットのみで取付可能

サイトウロールケージが開放感を犠牲にしないリヤロールバーを開発!

趣味のクルマとしてこれほど贅沢な1台はないと言えるS660。軽快なハンドリングを追求しただけあって、その走りは楽しさに満ち溢れている。

そんな稀代のオープンKスポーツが真価を発揮するのはやはりクローズドのサーキットとなるわけだが、場所によってはロールバーの装着が義務付けられている事もある。しかし、オープン時の開放感が阻害されかねないアイテムだけに、導入に足踏みしてしまうオーナーが多いのも実情だ。

そんな状況を打破すべく、“開放感を犠牲にしないロールバー”の開発に着手したのがサイトウロールケージ。スペース的な制約から、リヤロールバーの取り付けは不可能と言われていたS660だが、ロールケージ専門ショップの意地で見事に製品化までこぎつけたのだ。

メインアーチは乗降製を犠牲にしないシート後方に設置し、そこからリヤへと伸ばすバーは強度が確保されているシートベルト固定用のボルトホールを利用する構造だ。

装着に伴って必要となる内装のカットもごく一部。純正が持つ雰囲気を壊さないデザインとされているのだ。

点数は4点式で価格はスチール製が5万円、クロモリ製が5万5000円となる。スポーツ走行を楽しみたいS660乗りには要チェックのアイテムと言えよう。

●問い合わせ:サイトウロールケージ 埼玉県桶川市赤堀2-15-6 TEL:048-728-9831