アウディ「e-tron GT」が年内ワールドプレミアへ! 兄弟ポルシェ・タイカンと共に出現

■最高出力は590ps、0-100km/h加速3.5秒、12秒で200km/hに到達

アウディ初の量産EVスポーツカー「e-tron GT」市販型の最新プロトタイプが、兄弟モデルであるポルシェ「タイカン」を引き連れ初めて出現しました。

アウディ e-tron GT_002
アウディ e-tron GT 開発車両

e-tron GTは、ロサンゼルスモーターショー2018で初公開されたコンセプトモデルの市販型となります。

兄弟モデルとなる「タイカン」とは「J1」プラットフォーム、後輪ステアリング、コーナーリングを高速化するためのトルクベクトリングなど、ほとんどのテクノロジーを機能を共有します。

アウディ e-tron GT_010
アウディ e-tron GT 開発車両

エクステリアデザインはコンセプトモデルに非常に近いプロポーションを保持。ヘッドライト、テールライト、傾斜したルーフライン、筋肉質のショルダーなどそのスタイルを反映している様子がうかがえます。

96kWhのバッテリーパックは、デュアル電気モーターに電力を供給し、WLTPサイクルでの後続距離が約250マイル(400km)と予想されます。

また350kWの高速充電をサポートし、20分以下で約80%の充電を完了、最高出力は590ps、0-100km/h加速3.5秒、12秒で200km/hに到達し、最高速度240km(149マイル)のパフォーマンスを発揮します。

アウディ e-tron GT_007
アウディ e-tron GT 開発車両

e-tron GTのワールドプレミアは、2020年11月のロサンゼルスモーターショーと予想されていましたが、2021年5月21日から同31日に延期されたため、どこかのタイミングでデジタルワールドプレミアとなるはずです。

(APOLLO)